人気ブログランキング |

蒲公英工房


<   2018年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧



恒例、茅の会の研修旅行

c0161301_23175176.jpg

c0161301_23175126.jpg

c0161301_23175184.jpg

c0161301_23175226.jpg

毎年5月末の恒例行事、茅の会の研修旅行で、瀬戸内の直島&小豆島を訪れる。

フェリーに乗る前に、お昼をとった岡山のお寿司屋さんの近くで、備前焼の登り窯を見学。

宇野港からの直島へ。直島の観光客の多さに驚いてしまった。
ヨーロッパ系の海外から、たくさんの観光客が地中美術館や其処此処に点在する草間彌生等のオブジェを観に来ている。

ただ、直島には最大の問題点があり。ビジネスホテルがなく、サービスの悪い民宿のみで、経営者の常識の無さにはあきれてしまった。

反して、小豆島のホテルの温泉や食事、サービスは心地よいものだった。
小豆島は、東洋系の観光客が多く、「二十四の瞳」映画村で上映されていたその映画は、中国語の字幕だった。

岡野さんが大感激した「エンジェルロード」では、干潮時に歩いて島に渡った。

オリーブ公園の温室ガーデンで、珍しいハーブ等の苗があり、変わりルッコラ・赤軸ソレル(レタスの仲間)・リコリス(根っこに砂糖の1000倍の甘さが)を求める。

お土産を買わない私が買った食べ物は「じゃこめし」と「くるみおじゃこ」。食べたいと和菓子屋さんでリクエストしたものは、小豆島醤油を使ったシュークリーム。
欠席メンバーへは小豆島素麺を。

楽しい研修の旅で、笑いが絶えない三日間だった。
by tanpopokobo | 2018-05-28 23:17


地物のお魚を

c0161301_335214.jpg

c0161301_335216.jpg

c0161301_335335.jpg

和歌山に戻ると、紫陽花「未来」が咲いていた。
毎年、届けられる嬉しさ。

朗報が届く。
日本書紀歌謡1300年(2020年に)に向けた奈良県主催のイベントを企画している会社より、レクチャーコンサートをとの打診を頂いた。
順さんがコンサートを開いた東京の大崎にあるスタジオ(キャパ40席)でも、レクチャーのお話を頂いており、有難いお話が続いている。

小澤農場よりイエローポメロが届いた。(写真手前が甘夏)
実も爽やかで美味しいが、肉厚の皮で砂糖菓子を作り、冷凍保存する。

夜、お隣のスーパーを覗くと、地物魚セットが398円だった。本日の目玉商品だったのに、売れ残っていた。安いものには下拵えのサービスがない。
明日から茅の会の修学旅行。迷ったけれど買って来て下拵えをした。
鯛は、小さいけれど一匹で二合分の鯛飯に。イサキは小さいけれどお腹に卵があった。
しましまのお魚の名前がわからない。白身魚なのでよせ鍋か焼き魚にしよう。

塗香入れの袋が出来てきた。私の塗香入れは黒檀で、蒔絵が施されている。
袋に用いた布は、友人のお母様から受け継いだ風呂敷で、古き佳きお品である。
by tanpopokobo | 2018-05-26 03:03


福井講座、十日町キルト展

c0161301_23492779.jpg

c0161301_23492748.jpg

福井キルトリーダーズの皆さんに、「アップリケを極める」の講座を開く。
この機会に学んだ事を生かして頂き、より素敵な作品に繋げて頂きたいと希う。
本も求めて頂き、キルト以外の話にも耳を傾けて頂き感謝。

今日は金沢から生徒の運転する車で新潟の十日町キルト展へ。
新潟全県のキルトに関わる方々の協力無しには開催は不可能だろう。17回続けておられる事に拍手を送りたい。

今日の金沢教室は、北陸自動車道の有磯海サービスエリアで。
車窓より早苗田と冠雪残る立山を眺めるのも嬉しかった。
by tanpopokobo | 2018-05-21 23:49


フレーバーティにも合う「医草茶」

c0161301_11352095.jpg

c0161301_11352097.jpg

c0161301_11352081.jpg

順さんが三田に寄られ、先週のクラシックコンサートを開いたスタジオで、日本書紀歌謡のレクチャーを始めてはとの提案を頂いた。
山手線の大崎駅から徒歩5分位だろうか。
早速オーナーの方に、資料や本(溯芳さんと私のもの)を送らせて頂く。

順さんが医草茶を飲んで「美味しかったです!」との感想。溯芳さんが作った飲み方等の案内文を麻布教室で配っておきますと。

我が家では朝、紅茶と医草茶で一リットル淹れたものを冷蔵庫に。
紅茶党の私宅にある紅茶は全て頂きもので、発酵茶である紅茶は長く持つ。
私はフレーバーティなるものは邪道だと思っており、頂いても減らないでいた。(ベルガモットのアールグレイは別物)
そこで試しに、マスカット・ピーチ・アプリコットを医草茶に混ぜてみたら、中々いける。これはダメだろうと覚悟したショコラの紅茶(そんな大邪道も存在)も飲める。
これは、甘茶が大きな役割を果たしている。
眠っている紅茶を是非試して頂きたい。
紅茶でうがいをすると良いと言われるように、殺菌作用がある。
ベランダのスイフヨウの鉢に、母子草が育っている。
鳥が運んで来たものだろうが、ヨモギ餅の原点は母子草の餅だったと知ってからは、ますます母子草が好きになった。母子草とはお乳がよく出ることからの命名だろうか。

お会式の為に、神田明神の拝殿前に鳳凰の幕がかかっていた。
朝6時に神田明神に集まり、靖国神社のトイレ掃除に参加した。
一燈園のトイレ掃除は私が産まれた年に始まり、65年も続いている。西田さんは「何年か何回かはどちらでも良いんですよ」と笑っておられた。清々しい朝の始まりは、正に心を磨く時間である。
by tanpopokobo | 2018-05-17 11:35


びっくりイチゴ

c0161301_17172748.jpg

c0161301_17172781.jpg

c0161301_17172765.jpg

c0161301_17172790.jpg

三田に入ると、ベランダの鉢に大きなイチゴがたくさんなっていた。
鉢植えのイチゴは、プランターからランナーが出たものを鉢に移植したもの。お水不足の逆境に耐えての結実。
溯芳さんの本の打合せに来られた木星舎の古野さんも、「素晴らしいですね!」と。
(子どもたちは喜ぶだろうなぁ)

蒲公英和歌山教室の皆さんが「医草茶」を買われ、「飲みやすくて美味しいです。続けたいです」との感想が届く。
三田での作業(ラベルや効能書き作り、袋詰めも)は溯芳さんも手伝う。 
私は一日1.5リットル飲んでいて快調そのもの。

大学院のゼミでご一緒し、取り組まれた「嵐絞り」で同窓会賞を受賞された方より手提げ袋等の縫製の依頼があり、サンプルを作る。

淡紫の花「カンパヌラ」は、デンマークで改良されたものだそうで、小さな八重咲きの花がかわいい。5年前に亡くなった母にとさっぽうさんより頂いた。母も天国で喜んでいるだろう。
by tanpopokobo | 2018-05-12 17:17


「医草茶」を販売

c0161301_2262696.jpg

c0161301_226263.jpg

c0161301_2262617.jpg

一日、お山でヨモギと甘茶を採る。
テーブルに山になったヨモギと甘茶を、次々にはさみで二センチにカットする作業を慣れた手つきで岡野さん。
「昼食&お土産付でボランティアを募集しよう!指導者は岡野さんで」と提案。

「医草茶」との命名は溯芳さんで、「医心方」によると古代よりヨモギは医草と呼ばれて薬効大だった。
ヨモギには脂質代謝改善作用・血圧降下作用・抗酸化作用・免疫調節作用があり、甘茶には抗アレルギー作用・歯周病に効果がある。

ヨモギはどこにでもあるが、農薬がかかっていず排気ガスがかかっていないきれいなヨモギは滅多に無い。
そのヨモギをお茶で飲むには一種では子どもたちに届かない。
甘茶は苦い薬を緩和する為に用いられている程の甘さがあり、カロリー0の茶葉。
体内にたまった添加物をお茶で流せないものかと考えた。

品田さんからのメールは「昨晩、先生の夢を見ました」というもので、来週「医草茶」を届けますと返信すると、「何処に向かっていらっしゃるのでしょう?」と。「もちろん、子どもたちや若い人たちが健康であること」と答えると「大賛成!!」

小が1リットル約10回分で500円、中が15回分で700円。2000円以上は送料無料。
たんぽぽ鍼灸院でも販売。

発酵茶の紅茶が大好き(和歌山のマンションだけでも15種類の紅茶がある)なので、医草茶に紅茶をブレンドして飲む。
番茶や焙じ茶・ウーロン茶にも合う。
by tanpopokobo | 2018-05-10 02:26


キルトが三カ所に旅立ち

c0161301_21234286.jpg

c0161301_21234239.jpg

今月5/12~5/27に新潟十日町『きものの街のキルト展』、5/25~6/24目黒雅叙園『和キルト百段階段』いずれも招待作品、5/20福井キルトリーダーズの講座用キルトを今週発送する。

十日町キルト展は金沢教室日に生徒たちと行く事に。
雅叙園キルトは明日の締切に合わせて新作『恩返し』を今日発送、福井講座のキルト三点は週末に旅立つ。

雅叙園キルト展には、我教室から谷岡さん・大嶋さん・堀さんの三人の撞木サイズ(140×40)も展示される。
三人共に招待作家として恥じないキルトが完成した。
雅叙園の展示会には、全国から大勢のギャラリーが集まる。私の周りからも楽しみに上京される方々がおられ、来月の上京期間中は連日雅叙園キルト展のガイドを務める。
by tanpopokobo | 2018-05-07 21:23


料理は心で作る

c0161301_17453845.jpg

c0161301_17453855.jpg

c0161301_17453843.jpg

c0161301_17453887.jpg

キルトの締切まで後三日。
ずっと同じ姿勢でいると身体に支障をきたすので、お茶作り(乾燥)は最適ではある。

隣に大型冷蔵庫(スーパーデリシャスヒロ)が出来て、料理をする時間が一層増えた。
一昨日、一本777円の天然ハマチは四カ所にお刺身とアラ煮を配る。
昨日は袋に詰め放題の新ジャガと、国産牛肉(タイムセール)を買い、肉じゃがを大鍋で作り、クール便にも入れた。
クール便といえば、いなり寿司は翌日でも美味と溯芳さん。いなり寿司の具に旬の山ぶきを入れると美味しい。
日向夏を取りに来て、ジャムのラッピングを手伝ってくれた友人に、「あげを買ってあれば具入りのいなり寿司20個でも30分で出来る」と話すと、それはあなたにしか出来ない技だと。

スーパーの開店二日目にパン担当の方にアドバイスをしたら、二日後にはナカタのパン(創業明治36年の地元のもの)が入り、昨日は窯焼きパスコのバケット(イーストフード・乳化剤不使用、低温長時間発酵)が入荷し、おまけに手書きのかわいい案内版(無添加パンの宣伝)が置かれていた。
パン担当の方にお礼状をだそう。

キルトをしながらの時間、タブレットでDTVを見る。『三食ご飯 漁村編3』の料理が実に興味深い。イ・ソジン率いるチームの料理担当の若き俳優さんの料理のセンスに驚く。毎回三食を、火をおこしてご飯を炊き、釣った魚を調理し、畑の野菜でキムチを漬け込む。
この番組を見た韓国の若き女性たちが料理に興味を持ってくれますように。料理好きのイケメン探しではなく。
by tanpopokobo | 2018-05-02 17:45

    

和歌山県紀美野町にある蒲公英工房のホームページです。ご質問等は直接工房宛(0734892436)に、TEL・FAXでお願い致します。
by tanpopokobo
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧