人気ブログランキング |

蒲公英工房


カテゴリ:未分類( 1294 )



今月の茅葺きの家の集いご案内

c0161301_19020605.jpg

c0161301_19020641.jpg

三田のベランダではサンユウカの花が香り始め、小さなイチゴが次々と色づいている。

今月の茅葺きの家の集いのご案内をします。
•日時 7月28日(日) PM1:00~3:00
•場所 蒲公英工房 茅葺きの家「楽柿舎」
•参加費 1000円(飲物&お茶菓子付)

今月のゲストは6年前に紀美野町に移転されて以来、紀美野町のネットワーク作りに奔走しながら、町おこしをしておられる倉島清高さん。
先日の展示会に奥さまと来て下さり、多岐にわたるお話が楽しく、茅の会に多大な興味を持たれゲストを快諾された。

確認の電話をさせて頂くと、先日NHK「こころの時代」に出ておられた山川老師様のお話をされ、私の本の中に老師様の話があり凄いですねと仰った。

三田のマンションの近くのスーパーには“お客さまのリクエストコーナー”がある。
そこにあったタピオカ用ストローを買い、他のリクエスト食品を見ると「黒ごまアーモンドきなこ」が目に止まったので求めた。
アイスにタピオカとイチゴ、その最強トリオをかけておもてなしの涼菓にすると、皆さん満面の笑顔に。

今月の茅の会のお茶菓子に出させて頂きます。
倉島さんの周りの方々の参加もあるとの事で、楽しみにしています。
お山の涼風も身体の気を充たしてくれる事でしょう。
by tanpopokobo | 2019-07-21 19:02


銀座ロオジェ

c0161301_18092435.jpg

c0161301_18092461.jpg

銀座のフランス料理店「ロオジェ」(ミシュラン三つ星)で食事をとのお誘いを受けた。
一度ビルの建て替えの為にクローズし、その間にアルマー二のビルにオープンしたお店にもお誘い頂いたが、2013年に再開した「ロオジェ」で、ランチコースを頂く。

カトラリーの美しいこと。今まで体験した中で最も美しい。
中々予約が取れないそうで、平日でも満席だった。フロアーにはスーツ姿の接客担当の男性が5名、絶妙なタイミングでの接客。

お料理も全て美しく写真で残したい思いもあったが、ひいらぎさん用のスイーツのみ撮した。
メインデザート二種の他に、30種類はあるお菓子のワゴンから食べたいスイーツを好きなだけ頂ける。

食事が終わる頃にシェフ(オリヴィエ•シニョン)が「いかがでしたか?」とテーブルを回ってご挨拶された。
by tanpopokobo | 2019-07-19 18:09


神田篠田寿司

c0161301_20492001.jpg

1月に早朝トイレ掃除(靖国神社と皇居を交替に)777回を記念して東京のお仲間と伊豆へ旅したが、主宰している一燈園当番•西田先生をサポートしているのが「神田篠田寿司」の社長さん。
西田先生の毎月の京都~東京往復の新幹線代金とホテル代をずっと支援されており、今まで総額で2000万以上になりますと感謝されている。

神田明神で集合解散で、帰りは真理さんの車で都営浅草線最寄り駅まで送って貰うが、今日は篠田寿司に寄っておいなりさんを買いましょうとの事に。

西田先生が「あげが甘くて酢飯の酢が効いていて絶妙ですよ」との味は、なるほどと納得した。

お店には社長始め5人の職人さんが、横並びでひたすら稲荷を作っている。皆さん良いお顔で、それだけで味が予想出来た。

あげを炊く調味料は砂糖•醤油•味醂のみ。砂糖は5種類(水あめを含む)使い、酢飯に入っているレンコンが効いている。
職人技の「二口分のシャリ」は46gで、計らなくてもわかるそう。究極のいなり寿司である。
真理さんは杉の箱に158個入ったもの(17280円)を買った事がありますよと。

西田先生は毎月の朝ご飯をお店の奥で頂かれるそうで、「お味噌汁がこれまたたまらなく美味しいんですよ」と。

50年前から変わらないパッケージの内箱デザインは谷内六郎さんて、包装紙は鈴木信太郎さん。
新宿伊勢丹でも買える。

私の参加はようやく一年を超えた。


by tanpopokobo | 2019-07-15 20:49


福本先生

c0161301_14411333.jpg

c0161301_14411356.jpg

三田に入ると福本先生から展示会の感想(小倉遊亀「舞妓」の絵葉書)が届いていた。
86歳になられた先生は、「久しぶりに車で出かけました」とあり、ご自分で車を運転して大阪の枚方からいらして下さった様子。
「キルトの素敵なデザイン、より素敵な技に見とれました。大島紬良いですね」とあり、大島紬の裂繊で花瓶敷きを作り、ご子息の結婚式の引き出物にされた由。

私が30代の頃に、和歌山大学教育学部被服科教授の福本先生とお出会いし、多々学ばせて頂いた。一般の受講不可の講座も「教務に何か言われたら、福本が許可したと話しなさい」と仰り、手芸全般の講座も受講出来た。
あれから30年、福本先生は往復4時間余かけて初日に駆けつけて下さった。返す返す初日は留守になることを付記しなかった事が悔やまれる。
お会いしたかった。

お手紙を添え、大島紬のペンケースを送らせて頂く。
先生にも奄美の展示会を観て頂きたいものである。

by tanpopokobo | 2019-07-12 14:41


季の花たち

c0161301_01120101.jpg

c0161301_01120159.jpg

c0161301_01120115.jpg

今年も紫陽花の花束を作り、心待ちしている人たちに配る。

近しかった人が旅立った。
小さな蓮の花の蕾を見つけてお花に語りかけていた瞬時、蓮の花々が咲き乱れる天上の地に向かう姿を確信した。

七夕。
かわいいお菓子を二種頂く。
小瓶に分けプレゼントすると、歓声が届く。


by tanpopokobo | 2019-07-07 01:12


新作キルト

c0161301_00101563.jpg

今日から藤とルピナスの新作(今年秋開催のキルトステッチショー招待)のキルティングに入る。

キルトラインは、中心から広がる円。
明け方に思いつく。

敵を知るべく情熱大陸なる番組を見た。
最晩年を過ごすと決めている緑の中のシェアハウスを訪れた上野千鶴子氏が、虫や蛇が大嫌いだと話されていた。
緑溢れる環境には虫も蛇も小動物もいるのが当たり前、あなたには都会の最晩年が似合いますよとつぶやく。

奥佐々の地で学んだ事は計り知れない。環境と食を重んじて発信し続けてきた事を磨き抜き、上野氏に向けて一矢を放ちたいと切に思う。
by tanpopokobo | 2019-07-02 00:10


わかやま新報AR「いごくで新報」

c0161301_12292762.jpg


c0161301_12292753.jpg

新報の壇上さんより連絡があり、「明日、ギャラリートークとコンサート記事が掲載されます。4日間だけ動画が見れます」とのこと。

前夜はG20の影響で、鹿児島から伊丹空港に飛び、モノレール経由での遠回りで日をまたいで和歌山に戻り、そのままだった展示会後の荷物を片づけ、AM3時半から針を持った。
翌朝からの教室時に、和室で新作のしつけをかける。初めて見るキルトに生徒たちの歓声があがる。

「いごくで新報」をインストールしたが、動画再生の方法がわからず、壇上記者が仕事の帰りに来られ、丁度いらしていた黎山さんのお母様と一緒に再生方法を教えて頂く。

インストールしたマークを記事下にある「この写真いごくで」に近づけると、白黒紙面がカラーになり画像と歌(日本書紀歌謡「枯野の琴」)が聞こえてくる。
早速、夜の教室で再生したものを何度も聴いた。
残念ながら、紙面がないとだめ(コピー不可)で4日間のみでもあり、その動画をタブレットに録画した。
by tanpopokobo | 2019-06-29 12:29


展示会ご案内

c0161301_09454908.jpg

c0161301_09454933.jpg

c0161301_09454900.jpg

c0161301_09454918.jpg

新作制作依頼が続く中、案内チラシやチケットが届いている。

匠大塚の和キルト展は、高級家具が並ぶ中に衣桁サイズの和キルトが並ぶ。(私と岡本先生の雅叙園玄関の二作は特別展示)

たんばらキルト展(マリアさまの薔薇のキルト)は小杉さんの花のキルトも展示される。

キルト&ステッチショーは見応えのあるキルト展で、チケットは1600円。只今こちらの「キルト作家20人の新作“花舞台”」を制作中。(依頼を受けた段階では10人だったが•••)

大阪教室後岡山に入り、戻る迄新作の仕事がないので、久々にネットをチェックした。
和歌山作品展は和歌山新報が一面に掲載された事で写真入り。毎日紙も。
うちのアイビー学館キルト展の感想を述べたブログを読み、この方に写真を撮らせてあげたかったと切に思った。
どなたにの発信にも書き込みしたこともいいね!をしたこともない(するつもりも無い)が、この方には書き込みをしてお礼が言いたいと思った。
「いままで見たキルト展の中で一番すばらしい展示会でした。残念ですが撮影不可なので、紹介できませんが」と。

撮影不可は、観て下さる方たちの為のもの(携帯で撮りまくりが迷惑)で、迷惑にならなければいくらでも撮影して頂いて構わない。
今後、「許可を得ての撮影は可」を入れよう。
by tanpopokobo | 2019-06-26 09:45


マイブーム タピオカミルクティー

c0161301_11053970.jpg

c0161301_11053987.jpg

c0161301_11053919.jpg

お菓子作りのプロにタピオカの戻し方を訊かれ、乾物屋さんがネットに載せているやり方(一晩水に漬け、一晩熱湯を入れたポットに入れた後に炊く)を伝えた。

タピオカにはまった女子大生二人が語るタピオカの深さに惹かれ、仕事の合間にタピオカミルクティーを4~5杯飲む(食べる)。
(最近は店頭で見つけたタピオカを使っている)
紅茶はア─ルグレイの円形ティーパック。
コーヒ─は誰かに煎れた際に半分お湯を足すか、カフェオ─レにしないと飲めない。(日本人の癌が二人に一人になった一因ではと思っている)

今月末に仕上げる「花舞台」のトップ、藤の花びらは一房(大)で150片ある。

合間に、届いた完熟過ぎた梅やスモモでジャムを作る。京都の大学院で出会った友人がうちのジャムにはまり、「季節のジャム便をお願いします」との依頼があり、日向夏マーマレードと一緒に送り、「待っていました。たまりません」との電話がある。

梅ジャムは今回5回茹でこぼした。スモモの酸味は美味しいが、梅の酸味は苦手な方が多く、私の梅ジャムは夏のシヤーベット用だった。完成した梅ジャムはほどよい酸味が残り美味しい。
知人がクックパッドにレシピを載せているというので偶に覗くが、種々のジャムに関してはど素人が初めて作ったレシピを載せているとしか思えない人たちの作り方で、どう考えても美味しいはずのない(超簡単だけれど)間違ったレシピである。誰かがチェック出来ないものかと腹立たしい。
私が5回茹でこぼしてようやく酸味が緩和する完熟梅を、生のまま鍋に砂糖と一緒に入れて火にかけるとある。
せめて2~3年かけ、1年に4~5回トライした後に紹介して貰いたい。



by tanpopokobo | 2019-06-22 11:05


展示会&コンサートを終えて

c0161301_08082120.jpg

c0161301_08082121.jpg

c0161301_08082130.jpg

日々ギャラリーが増えて行く(最終日は3時迄なので少なく)という展示会だった。

和歌山での教室展の有料展示は初めてだったが、「500円は安いです。1000円でも良い内容です」との感想を、何人もの方々に頂戴した。

コンサートはキャパ350のホールの4分の1しか集客出来なかったが、名古屋や京都からの参加もあり、前田先生が元校長先生方を10人お連れ下さったり、元生徒の旭さんがたくさんのチケットを買って下さったりと嬉しい事もあり。
皆さんの感想も、「説明がわかりやすく、“枯野の琴”を皆で歌えたのもとても良かったです」との声が多かった。順さん指導の“枯野の琴”の合唱は定番になっていて、皆さんから喜ばれている。
朝の玉津島神社奉納演奏は前泊した金沢組も参加、「貴重な体験でした」と。

毎日新聞と和歌山新報に、二回づつ記事を載せて頂いた事も 有難かった。

搬出後、夜の便で東京に入り、キルト6枚(4枚は橦木キルト)を翌日搬入のキルト展(春日部「匠大塚」)に届ける。
by tanpopokobo | 2019-06-19 08:08

    

和歌山県紀美野町にある蒲公英工房のホームページです。ご質問等は直接工房宛(0734892436)に、TEL・FAXでお願い致します。
by tanpopokobo
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧