蒲公英工房


鍼灸の勧め

c0161301_23542716.jpg

c0161301_23542766.jpg

c0161301_23542740.jpg

今年になって修士レポートの要約2000字を加え、研究成果物である本「わさびの里 より」を 一緒に袋にいれて綴じ、本文40ページと添付資料20ページとで立派な研究レポートになり、修士学位申請を大学へ提出。

お正月に帰省された黎山さんが通われ「神の手」と誇大評価されるたんぽぽ鍼灸院は、年末年始大盛況だった。

私の健康の秘訣の第一が食、第二は身体のメンテナンス(鍼灸マッサージ)である。

鍼灸院には、誰が書いたかを知らされずに、私の本と案内チラシが置かれ、工房産オーガニックキーウイジャムが並ぶ。(キーウイジャムは好評で、リピーターもあるそう)
# by tanpopokobo | 2018-01-09 23:54


南方熊楠記念館

c0161301_21291431.jpg

c0161301_21291484.jpg

c0161301_21291515.jpg

南紀に車を走らせ、南方熊楠記念館と本宮大社、椿温泉泊。

南方熊楠記念館はリニューアルされてから初めて訪れた。
館長・荒俣宏さん等のビデオを観る部屋があり、そこに通じる廊下から海を見る景色が素晴らしい。
熊楠が8歳から書写を始めという「本草綱目」「和漢三才図会」の実物は、何回観ても圧巻。
是非是非、お子さんを連れて訪れて貰いたい記念館である。
# by tanpopokobo | 2018-01-06 21:29


玉津島神社御朱印帳

c0161301_200429.jpg

c0161301_200577.jpg

c0161301_200535.jpg

c0161301_200576.jpg

玉津島神社に初詣。
駐車場も満車で国道まで、お詣りの方々も長蛇の列だった。

奥さまが蜂蜜漬のファンで、キーウイジャムと一緒にお持ちした。
「先生にアドバイス頂いた通りのさくら色にしました。お渡しさせて頂きたいと思っておりました。」と、限定で作られた御朱印帳を頂く。
早速、玉津島神社と塩竃神社の御朱印を入れて頂いた。

さくら色とは、溯芳さんの発案の“衣通姫桜”色。その淡いピンクにウコン色の紋が入っている。

奥佐々の臘梅と南天の実を玄関に、小澤さんの仏手柑を床の間の飾りに。

福島から帰省している子息より、「本を渡した方のお二人より、福島でお母さんに話をして頂きたいとの希望があったよ。」と。
福本先生(元被服科教授)よりの賀状には、「周りの友人たちにとても好評です。是非第二弾を。」と書かれてあった。
感謝あるのみ。
# by tanpopokobo | 2018-01-02 20:00


『実に見事な御著』

c0161301_033087.jpg

c0161301_033082.jpg

c0161301_033032.jpg

正眼寺より、来年のカレンダーと干支色紙を頂く。
添えられた山川老師様の御文に、「実に見事な御著をご恵贈頂き」とあり、やったぁと叫ぶ。
一番嬉しい感想だった。

牧宥恵先生宅(西遊舎)に、本を届ける。
本に書いたように、宥恵先生が煎れて下さるお茶は最高に美味しく、話の合間に二煎目を絶妙なタイミングで煎れて下さる。
明日から成田山のお手伝いに入られる多忙な時間に、本を手にして「ええ本やな。読むよ」と。

お昼からお節料理を作り、お餅をつく。今年も餡入り餅を作る。
修士論文の仕上げで今年は
お節は作りませんとの話もお仲間より聞いたが、それ以上に学習会サンプル作りや雅叙園キルトの仕事が目の前に山積みになっている。

賀状130枚も夜2日がかりで手書きする。
何事も出来ないと思えば出来ない。「丁寧に早く」も訓練あるのみ。

友人が栗きんとんを取りに来る。自慢のお節。
お隣さんより、刺身でどうぞと大きな海老三匹とヒラメの半身を頂いた。ゆうに30センチはあるヒラメの半身にびっくりした。
# by tanpopokobo | 2017-12-31 00:03


感謝

c0161301_1331242.jpg

c0161301_133127.jpg

梶川先生より新刊「和歌山の公害」 を恵送頂いた。
癌と闘いながらのご執筆。
うちで夕食を 共にした加藤先生とサイモンさんに、梶川先生について矢継ぎ早に質問された。

京都の松本先生より、恒例の手づくりケーキと逸品の味醂漬が届く。美味しいケーキもさることながら、添えられた言葉が嬉しく。
数年前に松本先生と広島の学習会を担当し、ひろしま美術館にご一緒した。よい思い出である。

届いていたFAXは学生時代の友人より。先般10冊の注文で送らせて頂いたが、「1ページ、1ページ、心にしみいり、生きるってなんだろうとおもわせる本ですね」
思わず、編集者の古野さんにメールを送る。
博多の本屋さんの店頭には、来年から並ぶとの事だった。
# by tanpopokobo | 2017-12-27 01:33

    

和歌山県紀美野町にある蒲公英工房のホームページです。ご質問等は直接工房宛(0734892436)に、TEL・FAXでお願い致します。
by tanpopokobo
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧