蒲公英工房


ベビースタイ

c0161301_9201936.jpg

c0161301_920198.jpg

c0161301_9201910.jpg

子息が子どもの一歳のプレゼントに、ベビースタイを作るとの事。

神田手芸でスタイ用のオーガニックコットンを売っているので、店で待ち合わせた。品田さんの言葉「お父さんが作る、何て素敵なんでしょう!」を受けて、三田で取りかかる。

息子は「何年ぶりかなぁ」と言いつつ、ミシンに挑戦した。
結果、私はしつけ掛けを手伝った位で、3時間かからず6枚(2柄3種類の型で)のスタイを完成させた。
3ミリの端ミシンが一番難しかったようだが、あまりに良く出来すぎて驚いた。
「きれいに出来るコツをしっかり聞きとり集中して作業する」改めてその事の重要性を再認識させられた時間だった。

残り布で黎山さんの第2子のスタイを私が作る。
子どもの笑顔に繋がる作業は楽しい。

子息は10月に1ヶ月ノルウェーで講義するとの話。
福島で5年やり続けた事が繋がった。
真に皆さんの役に立つ仕事に勤しんでもらいたいと希う。

# by tanpopokobo | 2017-08-20 09:20


大島紬と博多鋏

c0161301_1056367.jpg

c0161301_1056344.jpg

c0161301_1056321.jpg

10/3~10/5の東京を皮切りに、新潟・大阪・名古屋で開催されるキルトステッチショーのキルトがほぼ完成。(とりあえず二センチには到達)

次作は来年5月の目黒雅叙園。大島紬を使うと決め、鹿児島教室の和田さんを始め様々な大島紬が届いている。
最初に頂いた大島紬の端布は15×30以下のサイズで1000円以上の値段のついているもの(和歌山の元生徒が20年位前に確かなルートで手にされた)で、ヤフオクで出ている大島紬(値段は10分の一)と何が違うのかを検証したいと思う。
何事も奥は深いが、奄美大島でお出会いした職人さんたち(染める前の大島紬の糸を縛る、この工程が最も難しい)の仕事に驚嘆した瞬時を思い出しながらの針仕事になる。
そしてこれらの大島紬をカットする鋏は、木星舎の古野さんから頂いた博多鋏を使わせて頂く。感謝。
# by tanpopokobo | 2017-08-18 10:56


レースブローチ

c0161301_10571978.jpg

c0161301_10572065.jpg

c0161301_10572035.jpg

レース専門店よりのDMで、レースを使った講習をのぞこうと出かける。

簡単バックにレースをあしらったもの、ピアス、ピンクッション、ブローチのサンプルを見て、がっかりしてしまった。
まず、バックは高級レースをあしらうにはお粗末過ぎるもの(材料費を安くあげる為)、ピンクッションはレースが邪魔、ブローチには高級感がない。
要するにそれらを作った三人のスタッフはプロではない。
(勿論、顧客サービスなのでそれでも良いのだろう)

端布レースセットを買えば講習費は無料、テーブルの上のレースやビーズは自由にとの事だった。

およそ30分で、写真のブローチを作った。チーフスタッフがやって来て「素敵です!」
「こちらの高級レースで作るものは最低これ位のクオリティで作って頂きたいです。」との言葉を飲み込んだ。
我が教室でのキット販売に。

このレースショップを20年前に見つけた時、そのデザインに「必ず大きくなるお店」と確信した。全国にも製品を卸す様に店舗が大きくなって残念なことは、その高級感を理解出来ていないスタッフが製品を売っている事である。
# by tanpopokobo | 2017-08-15 10:57


原稿

c0161301_15433339.jpg

c0161301_15433464.jpg

c0161301_15433453.jpg

c0161301_15433458.jpg

本に、料理レシピを増やす事になり、工房産ミョウガを使ったオリジナルレシピを書く。
近くのスーパーで、オカワサビ(根っこ)を見つけ、醤油漬とドレッシングに入れた。

古野さんからの贈り物は、本三冊と大切に受け継がれてきた博多鋏。宝物に。
木星舎刊の一冊は、整体師の方の対談で鍼灸師の子息にと。初めてお会いした際の一言を覚えておいて下さる心配りに深謝し、子息に送る。

もう二冊は、緩和ケアの末永和之先生のご本で、「どこか黒田さんの生き方と似ています」とおそれおおい事と恥じ入ったが、広げたページに坂村真民先生の詩が載っており驚くと同時に、とんでもないミスをしていた事に気づく。

蒲公英工房は、真民先生の「たんぽぽ」から来ている。その説明を先日の茅の会で佐藤さんのご主人にさせて頂いたのに、思い至らなかった。
真民先生との思い出を織り込まなければ、私の軌跡にはならない。高野山から朴の木の一枚板が届いて、それに「たんぽぽ」と書いて頂いたものが看板となり、前身の「縫工房 蒲公英」の御守りだった。その看板の写真も入れなければ。

子息の荷物にナニワヤの韓国冷麺を入れようと探し、冷麺をしまってあった傍らの棒寒天を見つけ、牛乳かんを作る。
ペンを休め、ストレッチをかねての料理は気分転換に最適。ミョウガ寿司とブリ大根も作った。
# by tanpopokobo | 2017-08-13 15:43


いのちのバトン

c0161301_03437.jpg

c0161301_034345.jpg

c0161301_034354.jpg

三田で終日、本の推敲を。
途中で散歩に出、ジャスミンの花に微笑む。

溯芳さんの校正は厳しく、読んで下さる方々が「わかりやすいように」と数々の質問が鋭い。

ベランダのサンユウカやナスタチューム、ケビトケノコンギクの花々を褒めながら、デイジー等の種の発芽を認め嬉しくなる。

ナスタチュームを朝食のヨーグルトに、ルッコラを昼食の冷やし中華に、ネギと青しそを夕食のお味噌汁と手巻き寿司に使った。

途中、電話で21美展示会の事を訊ねた金沢の生徒にナスタチュームを3か月食べていると伝えると、「先生が声をかけて育てたものは美味しいでしょうねぇ」と。
植物の生命力の不思議さ!
# by tanpopokobo | 2017-08-12 00:03

    

和歌山県紀美野町にある蒲公英工房のホームページです。ご質問等は直接工房宛(0734892436)に、TEL・FAXでお願い致します。
by tanpopokobo
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧