蒲公英工房


<   2017年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧



夕刻の風の中に

c0161301_1844983.jpg

c0161301_1844925.jpg

c0161301_1845083.jpg

近くでカナカナが鳴いて、まだ鶯の鳴き声も聞こえて。
シャーベット(白桃、すもも梅)を作りながら、外で締切の迫ったキルトの針を進める。

急な依頼で、8/22~8/25の新ヴォーグビル2階のCRAFINNG ART GALLERYでの展示作品を決めねばならず、涼しげなキルトであり講座卒業生が観て学んで頂ける作品をと、『青碧譜』を選んだ。

今手がけているのは薔薇の花のブルーワーク。ゆくゆくは一センチ間隔で入れる予定で、とりあえず二センチでキルトを入れているが、一日12時間針を持ってもギリギリだろうか。
「刺繍を生かすブルーワーク」なので、花芯にもナッツステッチを入れたい。

百合のかほりをききながら、薔薇のキルトを創る。
by tanpopokobo | 2017-07-31 18:04


三食ごはん

c0161301_23262117.jpg

c0161301_23262179.jpg

c0161301_23262138.jpg

和歌山産バレンシアオレンジとスイカを頂く。この素朴なオレンジが大好きで、メロンより断然スイカが好き。
元スタッフがブログを読んだとかで、お見舞いの電話がある。「小豆粥、お持ちします。」とのこと。昆布▪小梅(自家製3年前のもの)▪わさび漬と一緒に頂く。

韓国テレビドキュメンタリー番組「三食ごはん」にはまっている。
レシピがとても興味深いし、俳優さんたち(イ・ソジンやチャ・スンウォン)が三食を自給自足で作るというもの。
彼ら(ゲストの俳優たちも)がお母さんにレシピを訊くと、殆どのお母さんたちが完璧な解答を息子たちに伝授する。恐るべし韓国の母たち。素晴らしい。

釜戸を作る事から始まり、薪に火をつけて三食ごはんを作る。ありのままの人間性が出るので、選ばれている俳優さんたちの性格が皆さん穏やか。

韓国冷麺にもはまっている。麻布のナニワヤにある韓国冷麺が美味しく、別売りのナムルは半分をビビンバに使う。
ビビンバは、炊いたご飯をフライパンで焦げ目をつけてナムルをのせ、ひき肉を叙々苑の焼き肉のたれとコチジャンで炒めてのせる。

三食ごはんを見ていると、ナムルや浅漬けキムチが簡単に作れる気がしてきた。作ってみよう。
by tanpopokobo | 2017-07-27 23:26


今月の「茅葺きの家の集い」ご案内

c0161301_2236293.jpg

c0161301_22362950.jpg

今月の茅の会のご案内をさせて頂きます。
先月の会が今月の2日でしたので、今月の会は8月初旬とさせて頂き、その次の会は9月末となります。

・日時 8月5日(土)PM1時~3時
・場所 蒲公英工房 茅ぶきの家「楽柿舎」
・参加費 1000円(飲物&御茶菓子付き)

今回のゲストは、佐藤溯芳さん(和歌山大国際観光学部客員特別研究員)で、日本書紀歌謡講座の続編となります。
是非お話をと、京都から参加の方々もおられます。里山の涼しい風の中で、悠久の歌物語をご一緒しましょう。

展示会&コンサート案内を書いている所に、有機野菜が届く。「浜田さんのトマトは味が違う」と話すと、「愛情こめて作っているからかな。」と答えられた。
カボチャとニンジンは酵素に、5種のトマトは主食に。
by tanpopokobo | 2017-07-23 22:36


熱中症

c0161301_12494258.jpg

c0161301_12494236.jpg

c0161301_1249427.jpg

移動前日から熱中症気味で、途中の岡山教室で点滴を受ける。
薬を一切飲んでいないので、医師は「胃薬の処方位しかないですが、薬を飲みつけていない方が飲んだ方が良いかどうか。どうしますか?」との事。
吐き気があり水分も取れていないので、和歌山の知り合いの医師の勧めもあり、点滴を受けた。

匂いに敏感になり、ポカリスエットの類は一切受け付けない。空のペットボトルを何度洗っても取れない匂いとは何だろうか。
博多の生徒が差しいれてくれた黒糖白玉の美味しかったこと。完全無添加食品だった。

和歌山に戻り、鍼灸治療を受けて快復した。
漢方医が脈診で病名を知る事を知らない(信じない)人がある。勉強不足である。
子息によると、近く脈診の大会が行われるそうで、見学させて頂くとの話。ニュースで大きく扱われると良いと思うが、信じない人には伝わらないだろうか。

元生徒たちが届けてくれた有機野菜や茶粥(紀州の郷土食)にも深謝。
by tanpopokobo | 2017-07-21 12:49


金沢21美作品展案内&白山コンサートチラシ

c0161301_20485669.jpg

c0161301_2048568.jpg

c0161301_20485779.jpg

c0161301_20485795.jpg

c0161301_20485712.jpg

三回目となる金沢21世紀美術館での作品展案内状、去年に引き続き二回目となる白山「望岳苑」でのディナーコンサートチラシが出来てきた。

針仕事の合間に、案内状送付を始める。相手の顔の見える作業は楽しい。展示会もコンサートも楽しみにしていて下さる納屋さんは、ご自身もイベント企画をされていた経験から、すぐに効率よく動いて下さる。

三田に和歌山からの無農薬野菜を取りに寄られた友人が、自家製マヨネーズや玉葱を二時間炒めて作ったというカレーを届けてくれた。
「東京からも金沢に行けますね。」と嬉しそうに案内を持ち帰ってくれた。
by tanpopokobo | 2017-07-15 20:48


100年後に伝えられるキルトを

c0161301_1291179.jpg

c0161301_1291182.jpg

c0161301_1291118.jpg

c0161301_1291128.jpg

神田手芸の品田さんに、鹿児島作品展の報告話をしていて「これから美術館で開催する展示会は、有料にしたいと思っています。」と伝えた。「是非。キルト全般の評価グレードを上げて頂きたいです!」と言われる。

鹿児島展示会で、何人かの方々に「この展示会は、入場料を取るべきです。」との感想を頂き、中に「10万円の入場料でも良い位ですよ。」と笑い話を提供して下さった紳士もおられた。

入場料の半分はチャリティーに、半分はもっと展示会のグレードを上げる為に使いたいと思う。

パッチワークの布を専門にしているショップの中でも一番が神田手芸で、そのお店の布を全て熟知した品田さんと「食友」になって4~5年経つだろうか。
月2~3回お店に立ち寄る中で、品田さんとは短い中にも大切な話を交してきた。

展示会で、「ミシンキルトが無くてほっとしました。」との感想もたくさん頂いた。100年後に伝わるキルトはハンドキルトの作品かどうかはわからないが、丁寧に創られた一針であって欲しいと希う。

ヤイさんの糸ケースから、小さな型紙が出てきた。ボール紙よりも型崩れしないパターンシートを勧めたかったと思ったが、何百回と使われたであろう型紙に思わず微笑む。

新着のたくさんの布の中から選んだインポート布をセットに組む。それが作品の一歩となるとの思いで選ぶ。
他に、大嶋さんの新作のボーダー地の布を選んだ。最後のボーダーで作品の品格が決まる。
前作のレッドワークも素晴らしいキルトで、それは女の子のお孫さんへ。今回のキルトは男の子のお孫さんへの贈り物となる。

有料の展示会は作品を厳選しよう。生徒たちが、どこかのコンテストで入賞入選するより、うちの有料作品展に出展した事を誇りに思えるような日本一の教室展に。

20年程前の展示会で、山川老師様が「このキルトは本当に主婦の方たちが創られたのですか?」と驚かれた。
その日々は禅の修行と同じだと「愚中」誌に書いて下さった。
そう、ふつうの主婦がふつうではない特別の世界を創りあげる事が出来る。その指導者としての実践の日々を誇りに思う。

手芸流行とのニュースに、苦笑いをする。「すぐにできる」もので「すぐに先生」に。
難しい事に挑む日々でありたい。
by tanpopokobo | 2017-07-12 01:29


上野西洋美術館

c0161301_1475884.jpg

c0161301_1475851.jpg

c0161301_1475813.jpg

朝の日曜美術館を見ていて、「これから、アンチンボルド展を観に行こう。」と溯芳さん。

チケット売り場は混んでいるだろうからと、上野構内の当日券売り場で溯芳さんのチケットを購入、1500円。
わたしは学割があるので、美術館チケット売り場に並んだ。学割1200円と書かれていたが1000円。
そこの表示の当日券は1600円。

500年前にハプスブルク家の宮廷画家だったアンチンボルドが描いた変わり絵。
色彩と植物の詳細なタッチが素晴らしかった。
by tanpopokobo | 2017-07-09 14:07


月下美人

c0161301_2346686.jpg

c0161301_2346649.jpg

c0161301_2346613.jpg

昨日の東京会議、朝から新幹線で移動し、京都の佐藤さんの町家で院のゼミに参加。

話が弾み、京都駅迄佐藤さんの車で送って貰い、駅に着いてからも30分程話しこむ。
佐藤さんの修士論文に取り組む姿勢が素晴らしい。

4~5日前から蕾を膨らませ始めた月下美人。待っていてくれるだろうかとドアを開けた途端、芳しいかほりに包まれた。
待っていてくれた!その喜び!
早速、10年前に小さな苗を届けてくれた浜田さんに電話するが、お留守でメッセージを残した。

ゼミで、松井先生に頂いたお茶碗。「茄子の煮びたしかなんか入れて、つこうてな。」
ありがたき。
by tanpopokobo | 2017-07-04 23:46


椎茸ほだ木の本ぶせ

c0161301_23184995.jpg

c0161301_23185016.jpg

c0161301_231850100.jpg

茅の会常連メンバーに、ひいらぎさんも強力な助っ人に。
150本のほだ木を一時間で並べた。

新しいテーブルで、楽しいお昼ご飯。
午前中用事で、お昼ご飯から参加の上野山さんより、研修旅行のCDを頂く。
「来年はでっかくモンサンミッシェル!」??
by tanpopokobo | 2017-07-02 23:18

    

和歌山県紀美野町にある蒲公英工房のホームページです。ご質問等は直接工房宛(0734892436)に、TEL・FAXでお願い致します。
by tanpopokobo
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧