蒲公英工房


<   2017年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧



縮緬の針刺し

c0161301_121145.jpg

c0161301_121198.jpg

縮緬の針刺し。中にコーヒーの粉が入ったものを頂く。置いて飾りにもなるし、まち針・キルト針・刺繍針と別々に刺すと便利でもある。

表参道ZARAのショーウィンドウに飾られていたテーブルクロスが売り切れて入荷待ちで、それに替わるものをと友人に依頼されていた。

インテリア用インポート布地を扱うショップに行き、メーター6000円(140幅)のテーブルクロス用布を見つけた。
ZARAのものより格段に素敵な一点もので、半額に近い価格で出来る。
友人が喜んだのは勿論で、ヤフーショップ『ミリュクサマ』にもアップし、販売もしている。
by tanpopokobo | 2017-04-29 12:01


アンティークキルト研究会

c0161301_21263857.jpg

c0161301_21263885.jpg

c0161301_212639100.jpg

c0161301_21263925.jpg

c0161301_21263976.jpg

工房で、春の研究会を開く。
上溝桜やシャガが満開で、道中の白藤の美しさにも見とれてしまった。

アンティークキルトについての話や手ざわり(ヤイさんが使っておられたキルト)、
一日を豊かに。

午後からの茅の会も、いつものように話が弾み、中々参加出来ない生徒たちにも良い時間だっただろう。
多岐に渡る話に耳を傾け、考える場のある事の大切さ。
by tanpopokobo | 2017-04-26 21:26


サイモンさんとキルト撮影

c0161301_23481193.jpg

c0161301_2348118.jpg

c0161301_23481138.jpg

c0161301_23481191.jpg

c0161301_23481130.jpg

明日の予定が急遽変更になり、午後からサイモンと工房でのキルト撮影。

20枚程撮影する間に、サイモンは「クレージー!」を繰り返した。

溯芳さんに撮影の様子を報告すると、「クレージーがわかる芸術家同士だからね。」と。
サイモンが最も力を籠めたのはホワイトキルト『燦』。
見せられた画像には、キルトの上にちっちゃなカエルくんがいた。「ごめんなさい」と謝るサイモンに、「愉しそうだから遊びに来たのね!」と笑った。
シャガの花が咲き乱れる中でキルトたちも喜んでいた。
本になった時のキルト写真をお楽しみに。
by tanpopokobo | 2017-04-21 23:48


今月の「茅葺きの家の集い」ご案内

c0161301_21523684.jpg

今月の茅の家の例会をご案内致します。

・日時 4月23日(日) PM1:00~3:00
・場所 蒲公英工房茅葺きの家「楽柿舎」
・参加費 1000円(飲物&お茶菓子付)

今月は、この日の午前中にアンティークキルトの学習会を工房母屋にて開きますので、その流れで生徒たち受講生も参加となります。

テーマは「古き佳きもの」、滅多に触る事が出来ないアンティークキルトを触って見て下さい。

可憐なわさびの花が咲くこの季節、『温故知新』故きを温ねて新しきを知る、そんな時間をご一緒しましょう。

尚、午前中のアンティークキルト講座を希望される方は、工房宛お申込み下さい。
詳細につきましては、黒田宛(09010789473)お訊ね下さい。
by tanpopokobo | 2017-04-17 21:52


何を食べれば良いですか?

c0161301_1053057.jpg

c0161301_1053098.jpg

c0161301_1053087.jpg

c0161301_1053158.jpg

c0161301_105314.jpg

朝、ベランダのにほひ菫に、アゲハチョウが遊びに来ていた。

食生活について、この人は大丈夫だと思う人から、「何を食べれば良いのかわからなくなりました。」との言葉が出て、驚いてしまった。
この方からは地元の食材や旬の食材を生かした料理の話を、いつも興味深く聞ける人である。

質問には答えず、ランチのお好み焼きに添えるサラダ・小かぶ漬け(常備菜)・おすまし(湯葉と三つ葉)を目の前で盛り合わせして出した。(サラダに添えたマヨネーズは手作り、パンはヒカリエ「ロブション」の全粒粉食パン)

春の薬草で効能が高いヨモギについて話をする。今年はヨモギだけの酵素を作る事にしている。
ヨモギについて調べると、草餅にヨモギを用いる様になったのは、江戸からと言われていて、それまではハハコグサが使われていた。江戸の儒学者・新井白石が朝鮮から導入してからと話すと、白山には昔から使われている草餅があり、和菓子屋さんにも出ていますとの話。教室時に作って来て下さるという。

食は何より大切。
ポテトチップスは「クセになるように作られたもの」以外の何物でもない。アメリカから輸入とのニュースに、順さんと笑ってしまった。
「何を食べれば良いですか?」と訊く事が出来る人が、自分の身体を良く知る人だろう。

サラダに入っているものは全て有機野菜、レタスとニンジン以外のセリ・ルッコラ・菜の花・ミツバはベランダで育つ。
(誰でも出来る。庭のある方はもっと簡単。)

ベランダのホオズキトマトは三田二丁目にいる時に真理さんから頂いた。お山でと言われたが工房のものは1年で消え、ベランダで5年位になる。下からでた新芽で増やす事が出来、鉢で増やし真理さんに返した事もある。
このホオズキトマトがゴールデンベリーと判明した。渋谷ヒカリエの1Fのオーガニックのお店で気づいた。
生で毎年食べれる嬉しさ!

山にはびこる根付きのアップルミントは、順さんと真理さんが大喜びされた。
by tanpopokobo | 2017-04-14 10:05


アンティークキルトの染みを取る

c0161301_12454067.jpg

c0161301_12454069.jpg

c0161301_12454059.jpg

ヤイさんがリビングのソファにいつも敷かれていたアンティークキルト(1920制作の表記が入っている)に、大きな染み(たぶんコーヒー)が付いていた。
何とかしたいと考えながらも、洗濯出来ないアンティークキルトをどうしたものかと考え、思い切って手洗いをした。
どきどきしながらの作業だったが、薄めたワイドハイターにひたし、経年したひどいシミが殆ど消えた。(ちなみに私は滅多に漂白剤を使わない。洗剤系で使うべきでないものの筆頭だと思う。)どれ程嬉しく、こんな事ならヤイさんのお元気な時に目の前でして差し上げたかったと思うばかり。
週末のお見舞時に、ヤイさんに報告させて頂こう。

他のアンティークは見て頂いても、素手では触って欲しくない。
このアンティークキルトは、ヤイさんがしまい込まず使っていらしたものだからこそ、皆さんに触って頂けるキルトだと思う。
何とも言葉で表現出来ない手触りは、ベビーキルトに最適の手触りとしか言いようが無い。

友人にことづかった古い帯地は60~70年前のもので、茶道の先生でいらしたお義母様のものである。龍村織物の桐箱に入った袋帯の数々も素晴らしかったが、この帯を座敷机のランナーにとの友人よりの注文でハサミを入れた。
これ程しっかり織られた帯地に出会った事がない。1センチ縫う事も至難だった。詳しい人に訊くと、両面から織られ、それを繋ぐ為に糸が渡してあり、その絹糸もよりがかかった太い絹糸だという。
ハサミを入れて良かったのかと思いながらも、訪れる人の多い友人宅の和室で、多くの方の目にとまる事も、又佳きかなと思った事である。

三田在住の日々は多忙である。連日の来客、今日は夕方から塩高先生のレクチャーコンサート(阿佐ヶ谷ヴィオロン)に。順さんがゲストで龍笛を吹かれる。
by tanpopokobo | 2017-04-12 12:45


センスあるラッピング

c0161301_033334.jpg

c0161301_033478.jpg

c0161301_03348.jpg

パリのお土産のチョコレートとジャム。
帯広土産の北海道ホテルの食パンやチョコレート。
ラッピングの仕方、色合わせが興味深い。

甘納豆の賞味期間が2日間に微笑む。
三田のベランダの花々の元気な事!お水やり人の溯芳さんに感謝。
by tanpopokobo | 2017-04-11 00:03


鹿児島作品展案内状

c0161301_21275516.jpg

c0161301_21275563.jpg

c0161301_21275694.jpg

今日、『壽樹』のキルトを使った案内状が出来上がって来た。
明日から修士課程2年目の授業が始まるので、終えた後新幹線で東京に入るので、急ぎ案内状を分け、鹿児島宛の荷物を作る。

3日程前に、今年のキルトステッチショーの作品依頼が届くが、余りにも作品制作期間が短い(締切は7月末)。
テーマはエンブロイダリーで、レッドワークかブルーワーク。やるだけの事をやろう。

ブログのランキングに入っている約10年前の工房での作品展(第12回)のある生徒の作品(8000ピース)が素晴らしいので、公募展にと勧めた。
集まる公募作品がそのレベルなのだから、プロは3ヶ月半でも拘りを表現せねばならない。

6月の鹿児島と9月の金沢21美は、共に美術館である。
生徒たちに、中途半端な作品の展示は出来ませんと伝えた。

今日も、白モクレンと淡墨桜に会いに山へ行く。お昼を作っている間、友人が日頃行き届いていない掃除を受け持った。

帰りに、亡きご主人が白モクレンが大好きで、毎年絵筆を取っておられたと話された方に届けた。
主人が喜びますと涙されるので、「モクレンも嬉しいと思います。」と答える。

テーブルの花瓶に行けた淡墨桜の儚げな美しさ!
宮崎からの有機人参に、山の水をためて、元気な葉っぱが育っている。
by tanpopokobo | 2017-04-07 21:27


満開!

c0161301_1853364.jpg

c0161301_1853379.jpg

c0161301_1853397.jpg

工房の白モクレンと淡墨桜が一気に満開になった。
酵素の材料採取のボランティアしてくれた岡野さんと、歓声をあげた。

白モクレンのかほりを、ひいらぎさんにもおすそ分けさせて頂く。桜のムースとフィナンシェが好評とのお話。生徒たちの注文分を受け取る。

昨日の坂道の下り口の工事を確認した。猪による土砂崩れが原因だが、私道なので補助申請しているが難しい。
今年度の山の幸便で、補修工事代金13万円を計上出来ればと考えている。
協力をお願いします。
by tanpopokobo | 2017-04-05 18:53


春の酵素

c0161301_901076.jpg

c0161301_901119.jpg

c0161301_901195.jpg

春の酵素を仕込む。
宮崎の姉が、有機で野菜を作っている方より頂いた有機人参、日向夏や清美オレンジの柑橘類に、山の春の新芽を加えた。

工房の台所を片づけていると、2012年の春の酵素が見つかった。経年の酵素が高価で売られているとの話を聞いたが、見た目の色も違うし味は全く違う。気になっている方への山の幸便と、蜂蜜漬「しあわせのワンスプーン」にも入れた。

本の原稿を書いているが、酵素について考察する為にアンケートを作る。次男は統計学に明るいが、先週パリでの講演(震災後の福島)で多忙な状況下で、相談を控えた。アンケート調査は難しいが、調査をしてわかることもあるだろう。
「禅・四季の女神」のキルトによせて、茅葺きの家が出来るまでの話2500字、
「白蓮のかほり」のキルトによせて、和歌山新報のコラムについての考察2000字を書く。コラムは、読み返しても良いなぁと自画自賛している。
現在もそうだが、ただ「出来る事を懸命にやる」しかない。

今日、真理さんのオリーブオイル・蜂蜜漬・文旦漬・ベルガモット水少量(私は要らないと遠慮されたが)を礼ちゃんに届ける。
「わらしべ長者の話とうちの工房は似た所がある?」と訊くと、「そんなん全く違いますよ。先生はただ藁を持って歩いていた訳ではないです。やるだけの事やっているから様々なご縁があるんです!」と叫んだ。
理解者は有難き。
by tanpopokobo | 2017-04-01 09:00

    

和歌山県紀美野町にある蒲公英工房のホームページです。ご質問等は直接工房宛(0734892436)に、TEL・FAXでお願い致します。
by tanpopokobo
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧