蒲公英工房


<   2013年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧



和歌山新報コラム わさびの里さらさら50

 わさびの里さらさら50
 日毎に大きくなる柿の実を指先で触れていると、あの独特の羽音を鳴らして玉虫が飛来。“あー、今年も出会えた!”という懐かしさがこみ上げて来ました。
 10月10日(木)~14日(月)の5日間、和歌の浦アートキューブ大ホール・展示ホール&玉津島神社会館の三ヶ所で、パッチワークの作品展を開催致します。大ホールは個展(研究生の秀作も展示)会場となり、有料とさせて頂きますが、その他は無料でご覧いただけます。
 今回、玉津島神社様とのご縁を頂き、ご祭神・衣通姫の御歌キルトを奉納。
《たちかえり またもこの世に あとたれむ 名もおもしろき 和歌の浦波》の歌を先ず若い書家の方に書いて頂き、その書を写してキルトにするのですが、作業は、和歌の一文字一文字を丁寧にアップリケし、外回りの額縁部分には、気品ある古い帯を使いました。文字の空間には、老松と波の文様のキルトを入れています。この他にも、生徒の作品は万葉集より「玉津島」の歌
《玉津島 見れどもあかず いかにして 包みもち行かむ 見ぬ人のため》
の和歌キルトなどを玉津島神社会館に展示させていただきます。

 先日、パリで開催されたジャパンエキスポに、『ルドンに捧ぐ』のキルトを手持ちで参加しました。フランスの画家・ルドンは若き日、色彩の無い世界にいましたが、結婚し子供が生まれてからは徐々に豊かな色彩に目覚めます。中でも『花瓶の花』は傑作でしょう。私のキルトは、その豊かな色彩におよぶべくもないのですが、あたかもパリに行くことが決まっていたかの様に命名された『ルドンに捧ぐ』はパリの人々の目にとまり、たくさんの笑顔と褒め言葉を頂きました。このキルトは、アートキューブの大ホールでの展示となります。

 10月13日(日)12時から玉津島社殿にて「奉納演奏」、午後2時からアートキューブ大ホールで「邦楽コンサート」を企画しています。演奏者は世界的な薩摩琵琶奏者・作曲家の塩高和之さんと、和歌浦出身で新進気鋭の尺八奏者・田中黎山さんです。
玉津島神社のご祭神・衣通姫と允恭天皇の相聞歌が『日本書紀歌謡』にあり、お二人が、「日本書紀歌謡の音楽的復元の試み作品」に興味を持たれたことから奉納演奏が決まり、コンサートを開く運びとなりました。
 耳を澄ませば、玉虫の羽音は太古の懐かしさを奏でるようにも聴こえます。
“和歌浦に新しい秋風が吹く”ひと時でありますよう。
皆様のご参加・ご来場をお待ちしております。
               (蒲公英工房主宰・キルト作家 黒田街子)
 
by tanpopokobo | 2013-08-31 09:21


岡山教室作品展

c0161301_191152.jpg

c0161301_1911511.jpg

c0161301_1911545.jpg

岡山教室作品展の案内状が出来ました。

・日時 10月22日(火)〜27日(日) AM10時〜18時(最終日16時)

・会場 山陽新聞社 新本社ビル内「さん太ギャラリー」TEL086 803 822

案内状になっている作品は生徒たちの熱のこもった新作です。この他に、毎月作っているパターンを生かしたミニキルトも展示します。

写真は堀さんの作品、ハウスのパターンを生かしたミニキルトです。12種類のハウスパターン(15×15)の周囲に、一辺が12ミリのヘクサゴンのグラデーションがついた、素敵な作品です。
是非、ご覧下さい。
by tanpopokobo | 2013-08-29 19:11


茅の会 “野の花を生ける”

c0161301_23162148.jpg

c0161301_23162173.jpg

c0161301_23162172.jpg

c0161301_231621100.jpg

晩夏にはお花が少ないのですが、小雨降る中を皆さん傘をさされて草花を集め、それぞれに楽しそうに草花と遊んでいました。
男性3名は、いずれも初体験。志磨先生のアドバイスを受けて、一層のものとなりました。
「皆さん、素晴らしいです!」

それにしても、志磨先生の手にとられたお花たちが、いきいきと正にあるべくしてある様に収まって、美しい空間を醸し出して行く見事な様に、流石プロだと思うこと頻りでした。

玄関前に置いてあるのは、私が生けたものです。山の草花の楚々として美しい事!
by tanpopokobo | 2013-08-25 23:16


和のキルト図案

c0161301_9293879.jpg

c0161301_9293870.jpg

c0161301_929389.jpg

c0161301_9293810.jpg

c0161301_9293886.jpg

「文様のかたち」から、松・波の図案を参考に、和歌のキルトに老松や波紋のキルトラインを入れて、キルトしています。

数々の洋書にあるキルト図案は、トルコの数千年前のデザインだったりします。北斎が洋画家たちに多大なる影響を与えた様に、日本古来の文様をキルト図案化し、日本から発信するのも面白いと考えています。
古書展で見つけた大切な図案集「文様のかたち」には、数多の松や波、そしておしゃれなボーダーの図案があります。
それらを参考に組み合わせて、日本ならではの新しいキルト図案集が生まれると楽しいですね。
by tanpopokobo | 2013-08-23 09:29


無言館

c0161301_119090.jpg

c0161301_119089.jpg

c0161301_119052.jpg

戸隠の帰りに、上田で下り、無言館(戦没画学生たちの絵画を展示)に行きました。

10年余前に、山川老師様と沖縄をご一緒しました。その際に、同室だった岡本さん(福寿堂秀信社長夫人)から戦没慰霊碑の前で、「叔父は画学生で沖縄で戦死しました。信州の無言館に絵が飾られています。」との話を聞きました。老師様の読経に岡本さんが涙を流されていらした事が忘れられません。

先日のNHKで、無言館を訪れる方が年々少なくなり、絵画の劣化の修復に多大な金額がかかるとの映像が流れており、是非行きたいとタクシーを飛ばしました。
一枚一枚の絵は、その画学生の魂の叫びです。どれ程生きて帰還し、再び絵筆を取りたかった事だろうと、胸がいっぱいになりました。
戦地からの絵手紙も、画学生ならではの素晴らしいものです。

岡本さんの叔父様の絵は、「婦人像」でした。
去年突然他界されたお母様が、弟さんの絵を毎年観に行かれていらしたたというお話も、ご家族にとっての「無言館」の存在価値を知るものです。
修学旅行は広島にと希う者ですが、無言館も是非加えて欲しいと、切に望みます。
by tanpopokobo | 2013-08-20 01:19


戸隠神社参詣

c0161301_19272952.jpg

c0161301_1927298.jpg

c0161301_19272954.jpg

c0161301_19272917.jpg

c0161301_1927295.jpg

やまと先生のお誘いを受け、戸隠神社に御詣り、火之御子社の御神事に参加して来ました。

宿泊はご主人が神官・神楽舞演者でもあられる横倉旅館、茅葺きに白萩が似合う心地よいお宿でした。

朝5時出発で奥社へ参詣。参道の400年の杉並木に護られて、数々の野草に朝日がキラキラ光り、寒いくらいの気温の中の一時間半は至福の時間でした。

神楽の為の雅楽(龍笛・笙・篳篥)を地元の方たち(旅館経営・神官)が演奏、旅館の中に神社を縮小したかのごとき祭壇が祀られている等、驚き感心しました。
『高千穂と戸隠はどう違うか?』
高千穂に近い場所で生まれた私ですが、高千穂神社より幣立神宮が好きです。
違いを述べるべき知識を持たないので、“戸隠は水の神様に護られている場所だと思いました。”と返信。
by tanpopokobo | 2013-08-18 19:27


10月の展示会&concert

c0161301_1954321.jpg

c0161301_1954358.jpg

麻布会食で、10月のイベント、展示会&concertの詳細が決まりました。

展示会案内、展示会大ホールチケット(有料・800円)、concertバンフ(兼プログラム)、concertチケット(3000円)の皆さんのOKも取れ、印刷に。

奉納演奏は、会期中の10月13日(日)12時から玉津島神社、その後14時から和歌の浦アートキューブ大ホールでconcert。
大ホールのキルトを上に上げて(ホールは天井が高く,吊り下げたキルトを上げて)、concert会場に様変わりします。この為、13日のみキルトは午前中しか見る事が出来ません。

大ホールは私のキルトを主に展示、展示ホールと玉津島神社会館のキルトは、生徒たちの作品で無料です。
今日の塩高先生のお話では、奉納演奏時には正式な装束(雅楽と同じ)を身につけられるそうです。溯芳さんの「奉納」のこだわりに相通じるものがあり、近年の奉納演奏には大いなる疑問がありますと塩高先生。

奉納演奏は衣通姫の日本書紀の歌から始まり、concertの日本書紀歌謡は、衣通姫と允恭天皇の歌の二首が演奏(歌)されます。
塩高先生が音をとり、メロディーを口ずさまれ、ドキドキしました。

“和歌”の浦も“和歌”山も、この衣通姫の天才的歌詠み人からのはじまりです。
その衣通姫の和歌のキルトの一針を進めながら、魂の次元に昇華させたいと希っています。
by tanpopokobo | 2013-08-15 19:54


琵琶

c0161301_21152735.jpg

c0161301_2115277.jpg

c0161301_21152747.jpg

近くの県立図書館に用があり、ふと目に止まった棚の7センチの分厚い本『琵琶の淵源』を借りて来ました。藤内鶴了さん(琵琶奏者・研究家)がまとめられたもので、“楽”の考察も興味深いものです。

ようやく日本書紀歌謡の二曲が、溯芳さんから塩高先生の元に。塩高先生は作曲もされるので、どのようにまとめて下さるか、とても楽しみです。
玉津島神社奉納演奏は、神社のご都合により、10月13日の12時からに変更になりました。

今週麻布で会食、細かい打ち合わせをします。作品展案内状、concertパンフ、展示会・concertチケットの校正も無事済み、月末には素晴らしい印刷物になって届きます。
熊本に引っ越した元生徒より、“10月の交通等の切符の手配を済ませました。楽しみにしています。”と連絡がありました。

子息の留守で、二匹の猫たちと過ごした半日、コップの水栽培で延びたポトスを鉢に植え替え、ベランダの花たちも鉢替えを。
夕刻の雷と夕立にほっと。
by tanpopokobo | 2013-08-12 21:15


今月の“茅ぶきの家の集い”ご案内

c0161301_7284726.jpg

c0161301_7284742.jpg

c0161301_7284717.jpg

桔梗の蕾が見え始め、夏水仙や山百合の盛り、今月の茅の会をご案内致します。
・日時 8月25日(日) PM1時〜3時
・場所 蒲公英工房 茅ぶきの家“楽柿舎”
・参加費 1000円(飲物・お茶菓子付)

今月のゲストは、フラワーアレンジメント&テーブルコーディネートの教室『アトリエ・フローラルパレット』を主宰されている、志磨美智子さん。
山にある各種素朴なお花を使って、お花のコーディネートについて語って頂きながら、皆さんと一緒に野の花を生けて見ましょうとの提案です。

大切な友人でもある志摩さんと食事をしながら、10月の作品展&concertの案内状・チケット・パンフの校正を見て戴きました。
美術・音楽も詳しく、大学時代は国文を学ばれ、溯芳さんの日本書紀歌謡講座受講生の一人でもあります。
秋の気配を感じつつ、楽しい時間をご一緒したいと思います。
by tanpopokobo | 2013-08-10 07:28


今年も蟠桃が届きました

c0161301_18334857.jpg

c0161301_18334862.jpg

c0161301_18334881.jpg

小澤農場主の蟠桃(桃の原種)、出始めに二箱限定との事。
一箱は、いつも工房を支えて下さっている、岐阜の森さんご夫妻に。
後の一箱を、大切に分けました。

その一つが大阪の渡辺さんへ。昨日お礼の電話があり、6日の原爆記念日であった事から、20年程前のスペイン旅行の話に。
渡辺さんが企画された“こだわりのスペインの旅”の途中の8月6日に、突然溯芳さんが「一分間の黙祷をお願いします。」と言い、皆で黙祷しました。
“戦争を知らない方に教えて頂いて。”と、渡辺さんたち戦争を体験された方たちが恐縮されました。
「忘れられない一分でした。」と。
渡辺さんは、大阪で一番早く女性校長になられた方で、91歳ですがしっかりされています。現在、自分史を書いておられ、“あなたの事を一番に書きたい”と話され固辞しました。

工房の山百合や撫子を市内の自宅に活けています。よい香・よい色に元気をもらっています。
蟠桃の種の大きい方は、小澤農場のもの、小さい二つはパリのスーパーに売られていた蟠桃の種です。
パリに大きな桃(白桃)はありませんでした。

スマホの規制が二ュースになっていますが、パリでは電車内で携帯を触る人を一度も見ず(15回位は朝・昼・夜、電車に乗るも)、歩きながらスマホを触る人にも一回も会いませんでした。
(シャンゼリゼでスマホを触る日本人はいました)
by tanpopokobo | 2013-08-07 18:33

    

和歌山県紀美野町にある蒲公英工房のホームページです。ご質問等は直接工房宛(0734892436)に、TEL・FAXでお願い致します。
by tanpopokobo
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧