蒲公英工房


<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧



水仙の花たち

c0161301_21334234.jpg

c0161301_21334258.jpg

c0161301_21334292.jpg

c0161301_21334242.jpg

c0161301_21334218.jpg

c0161301_21334263.jpg

c0161301_21334230.jpg

c0161301_21334212.jpg

2月の初めにオーソドックスな一重の水仙が咲き始め、白の八重が続き、この時季には計7種の水仙が香ります。

一重の水仙は、宮崎のご実家で咲いていた球根を育てた方から頂いた思い出いっぱいの水仙です。

黄色の八重の水仙は、まるでチューリップ。差し上げる方々が、一様に“初めて見ました。"との言葉を添えて喜んで下さいます。

一番最後の白い水仙は、花びらが細長くて清楚な様が美しい水仙です。
この水仙は、一昨年旅立たれた生徒Mさんが下さった白山吹の花の根本に咲いています。
植えた覚えのない花に、天国から届いたのだと嬉しく思っています。

白木蓮も今年は300近い蕾をつけています。
自然の中で凛と咲く白木蓮に、逢いにいらっしゃいませんか。
by tanpopokobo | 2010-03-14 21:33


茅の会

c0161301_1653256.jpg

c0161301_1653247.jpg

昨日の会は、いつもの常連客が集いました。

午前中に工房を訪ねて下さった若きアーティストたちは、近々紀美野町に越して来られます。
ずっと古民家を探されていたそうですが、中々気に入る物件が無く、新築されるそうです。

我が工房を大層気に入られ、奥様が食に関する興味が深く、酵素造り等に是非参加させて欲しいとの事でした。
先日来られ、“友人に是非紹介したいです"と帰られ、今日同行されたご夫妻も、紀美野町に畑付きの小屋を持たれ、野菜作りをされるそうです。

先週の上京の折に、東大福武ホールで開かれた『加藤周一、幽霊と語る』試写会、『建築の極・生命の極』佐倉統(東大教授)・福岡伸一(分子生命学)・伊藤豊雄(建築家)の鼎談の話をしましたら、「興味深い良いお話を聞けて嬉しかったです。」と、ビアニストのご主人が帰り極に丁寧なご挨拶をされました。
この話は、茅の会や教室でも伝えました。戦後最大の知識人と呼ばれた“加藤周一"の名前すら知らない方の多い中、若き訪問者に感心しました。後で知りましたが、このご夫妻は高名な方々でした。

聞けば、紀美野町役場に古民家を探していると届けている人たちが160余名もいらっしゃるそうです。
茅の会常連客の一人上野山さんは、“紀州材を使った家のコンペ"で最優秀賞を取られたという優秀な一級建築士であり、“古民家を考える会"のメンバーです。
古民家を改築もしくは古民家の良さを含んだ自然と一体化した新築をお願いする最適な建築士でしょう。

「女性の方々は服を買われるのにあれだけ時間をかけられるのに、何故もっと家(おそらく一生で最も高い買い物)を買われる際に考えないのでしょうか。」
考えさせられる言葉です。
決して専門家が設計した家が高くなるとは限らないのです。

加藤周一さんが語られた言葉にも「“よく"考える事、それが基本です。」とありました。

写真
高市さんより寄贈されたじざいかぎ
小澤農場産桃花(後方はミモザ)
by tanpopokobo | 2010-03-01 16:05

    

和歌山県紀美野町にある蒲公英工房のホームページです。ご質問等は直接工房宛(0734892436)に、TEL・FAXでお願い致します。
by tanpopokobo
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧