蒲公英工房


<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧



桃花村から

c0161301_23242695.jpg

c0161301_23242632.jpg

舞踊家・田中みんさん主宰の“農事組合法人 桃花村"からの商品が届きました。
全て農薬無使用で丁寧に作られている事が、一目でわかります。
干し芋は3種類のお芋が入っており、一袋500円。
赤かぶのべっこう漬けは、秘伝のたれに天日干しした赤かぶを漬けたもので、一瓶500円。
紅茶も生産者が“自信作!"とおっしゃる程のお味です。国産で農薬無使用の紅茶は珍しく、真空パックですので保存がききます。一袋1000円。

田中みんさんの踊りを初めて観たのは、3年位前でしょうか。東京在の子息に誘われてでした。
公演の度に、桃花村産の元気印の野菜やお茶を買わせていただくのが楽しみになりました。

心の籠った食品を食卓にのせられる事は、本当に幸せです。そしてそれらを贈ることも。

我が工房のキーウイジャムを食べた方から、“あまりに美味しくて"とお電話を頂いた時、もっと美味しく工夫したいと思いました。
桃花村に習いたいものです。
(桃花村の商品は、ネットで注文出来ます)
by tanpopokobo | 2009-12-24 23:24


12月“茅ぶきの家の集い"ご案内

c0161301_213597.jpg

c0161301_2135954.jpg

今年最後の会は、皆さんとお鍋を囲んで語り合う会です。

今年ゲストでいらして下さったホセインさん・オミドさんたち留学生に加え、和歌山大学の加藤先生のご友人が、前日にオーストラリアから来和されて参加されるという嬉しいニュースがありました。
参加予定者の半分の8人が、海外からのお客様です。
映像カメラマンのサイモンさんは、前日の橋造り・排水路保全に続き、今回は川の掃除がしたいと仰っています。
身体を動かして“働く"事を喜びとされていらっしゃる姿は、現代の日本人が失いつつある大切な忘れものという気がします。

茅ぶきの家の横にある臘梅が、よい香りを奏で始めました。皆さんのご参加をお待ちしております。


・日時 12月27日(日) 12時~適宜
・場所 蒲公英工房 母屋
・参加費 無料(今回は持ち寄りですので、何か一品お持ち下さい)
by tanpopokobo | 2009-12-15 21:03


フリルマフラー

c0161301_22102054.jpg

c0161301_22102038.jpg

c0161301_22102012.jpg

(財)日本手芸普及協会の会員代表理事を拝命して初めての理事会がありました。
各部門(パッチワーク・手編み・刺繍・手織り・レース・トールペイント)各部門の理事が集まっての会議でしたが、部門の活動報告の中で、手編みの藤重先生より提案作品で大好評だというマフラーを見せていただきました。

先生曰く、“2〜3時間で編めますよ。"との事。会議に参加された他の先生がたと、早速毛糸(イタリア製フリルテープ2玉)を求めました。
2〜3時間とは行きませんてましたが、一日で完成。

(三田教室のベランダで撮影しようとしたら、猫の又三郎が入ってきました。)
昔、刺繍・レース編み・編み物・洋裁と、色々な手芸をしていました。
編み物は、バレエの先生がフェスティバルホールで公演される際の衣装を頼まれ、麻糸の手編みで創った事もあります。

一針一針の想いは、ジャンルが違っても同じですね。
by tanpopokobo | 2009-12-09 22:10


布礼愛工房

c0161301_13175456.jpg

c0161301_13175442.jpg

東京・駒込の藍染め工房で、蟠桃種を染めてきました。
藍染め二回目の今回は、数が少なかった事もあり、3時間程で25回染めました。
工房のスタッフの方々が、落ち葉染めをされていました。さくらやハナミズキなどの落ち葉で染めた布は、やさしい色彩にみちあふれていました。
社長さんが、“三煎目のものをお茶として皆さんにふるまわせていただき好評です。"との事。私たちも頂戴しましたが、お山で作るお茶に似た味で美味しかったです。

お山の梅枝やビワの葉も送らせていただき、染料として使っていただいています。

ゆっくりですが、蟠桃種を使った商品(ネックレス・携帯ストラップ)も手から手にと輪を拡げています。“ブレゼントしたい人がたくさんいるんですよ"と、嬉しそうにたくさん買って帰られた方もいらっしゃいます。
東京の友人が“学者さんたちが創られたものだと感心しましたよ"と話してくれた言葉にも感謝です。
by tanpopokobo | 2009-12-06 13:17

    

和歌山県紀美野町にある蒲公英工房のホームページです。ご質問等は直接工房宛(0734892436)に、TEL・FAXでお願い致します。
by tanpopokobo
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧