蒲公英工房


<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧



蟠桃種の製品ご案内

c0161301_02017100.jpg

c0161301_0201715.jpg

c0161301_0201747.jpg

小澤農場産の蟠桃種を使った製品が、完成しました。
『蟠桃(ばんとう)栞』(佐藤溯芳)
天の造化の妙「ハート形」は蟠桃(ばんとう)の実です。西王母の住む崑崙山では三千里に枝を伸ばし三千年に一度だけ実を結び、食すと不老長寿が得られるという仙桃です。
『日本書紀」には「時に道の底に大なる桃の樹有り」、『古事記』では伊邪那岐命が黄泉の国の雷神に桃を投げつけて退散させます。ここで感動的なのは、「命ある青人草が苦しき瀬に落ちて患い悩む時、助けよ」と桃実に神名を与えるところです。
真に、命の恩桃。

「ハート形」蟠桃の実に穴を開け、藍で染め、熊野の塩に焼き、奥佐々の清水で濯ぎ、太陽の光と古代の音楽を籠めました。願わくは、《生命の旋律》から安らかな音色、希望と強運が生れますように。
蟠桃の花はえもいわれぬ濃いピンク色、馥郁たる香りです。そして何よりも、蟠桃の実が秘める力は、三千里・三千年にも及ぶのですから。

(藍染め、穴開けは年に一回、九つの穴で完。もし割れましたら吉祥。お誕生日毎にメンテナンスを承ります。)


茅ぶき家の集い"でも紹介させていただきましたが、5年前に農場主に相談を受けて以来、ずっと胸に温めていた事がようやく形になり、嬉しく思っています。
ネックレスは、種の色が茶色と藍色。皮ひもの色も茶色と黒色があります。長さは、41センチと50センチで、いずれも2500円。
携帯ストラップは、皮の色が赤・青・緑・茶・ベージュの5色で、種は藍色で価格は2000円。

お問い合わせ・ご注文は、工房(Tel/Fax 073 489 2436)迄お願い致します。

尚藍染めは、東京駒込の布礼愛工房さんで、わたしと溯芳さんと二人がかりで20回以上染めました。
by tanpopokobo | 2009-10-28 00:20


今月の「茅ぶきの家の集い」ご案内

c0161301_20443277.jpg

c0161301_20443312.jpg

c0161301_2044334.jpg

つわぶきの花も咲き始めました。
今月の“茅ぶきの家の集い"のご案内をいたします。
・日時 10月25日(日) P.m1:00〜3:00
・場所 蒲公英工房茅ぶきの家『楽柿舎』
・講師 黒田街子(蒲公英工房主宰)
・参加費 1000円(お茶・飲み物付)

今回は、午前中に来年の作品展に向けた秋の学習会を開きますので、引き続き“茅ぶきの集い"に生徒たちも参加します。
会の主題“未来に語りかけよう"を軸として、初期に取り上げた「大人って何だろう」をテーマに、再度皆さんと共に考えてみたいと思います。

秋風の中で深呼吸し、輪になって楽しく語り合いましょう!

上記写真は、会の中でご紹介させていただくばん桃種の製品です。
5年前に、小澤農場主より託され、ずっと胸に温めて来ました。
土の中から『地』、洗ってお日さまで乾かし『風』、こだわりの塩で炒り『火』、藍液・奥佐々の清水に浸し『水』
“生命の旋律”を吹き込み『空』。地・水・火・風・空の5大要素を含ませて生まれました。

製品のお求めのご案内は、近日ご案内致します。
by tanpopokobo | 2009-10-20 20:44


レ―スと刺繍

c0161301_17122395.jpg

c0161301_17122485.jpg

先月の上京の折、銀座松屋で開催されていたパレス・ミキさんが収集されたアンティークの刺繍・レ―ス展を観ました。
個人が収集されたと信じがたい逸品揃いで、あまりに素晴らしかったので、お誘いして行けなかった千葉のK先生にお電話して感動をお伝えし、招待券をお送りしました。

私の感想を聞かれた後、飛んで観に行かれたと言われたK先生から、丁寧なお礼状と写真のプチポアンのミニケ―ス(比較は紅茶のティーパック)とスタンプバスケットの切手が同封されて来ました。
プチポアンはその日の夜に刺繍され、「稚拙ですが、10年後を楽しみに。」との事で、スタンプバスケットの切手は、以前ご友人と切手博物館で作品展をされた折に、記念に求められたという貴重なお品です。キルトの図案が切手になるのは珍しく、この切手から「スタンプバスケット」という名前がつきました。

今日、東京のレース専門店で、スタッフの方たちとその展示会の話に花が咲きました。
願わくば、せめて50年後迄遺る仕事をしたいと思います。
by tanpopokobo | 2009-10-13 17:12


秋の酵素

c0161301_15154334.jpg

c0161301_15154368.jpg

c0161301_15154326.jpg

工房産の柿・栗・キ―ウイ・ザクロ・アケビ・カリンをてんさい糖で漬け込みます。

今日は、東京と岐阜の友人が、酵素造りにと心待ちしてくれている材料を送ります。

荷物の中に入る草花たち。一番はノコンギクです。
結実の季、去年お別れした生徒が7年前に植えてくれた白ヤマブキの花にも、たくさんの種が出来ています。
Mさんの笑顔をいつも心に、この種を蒔き続けて行こうと思います。ご縁の方たちにもお渡ししたいと思います。
by tanpopokobo | 2009-10-10 15:15


展示会の日程が決まりました

c0161301_361359.jpg

c0161301_361311.jpg

来年の秋の会場予約の抽選があり、一年後の展示会の日程が決まりました。

・2010年10月12日〜16日
・和歌山市民会館 展示室
今回のテ―マは、ミニキルトです。パッチワークの原点である、『小さな布の一片を生かす』という一針を繋ぐべく、生徒たちと努めます。

加えて、過去二回の奥佐々の古民家を使った展示会の作品から、各自が選んだキルトを展示します。
この作品群をご覧いただけなかった方たちから、市内での展示を求める声が、数多くよせられました。
一人一人の心のこもった作品に、今一度光を当てることが出来ますのを、嬉しく思います。

この会期が決まった後で、来年東京の日本橋三越で開かれる『和のキルト 新作100人展』の会期決定の知らせが届きました。
2010年10月6日〜11日の開催で、こちらの教室展の搬入が重なりますが、丸々だぶらずラッキーでした。

一年の時間をかけ、皆さんに喜んでいただける展示会にしたいと思っております。
by tanpopokobo | 2009-10-07 03:06


お月見

c0161301_014493.jpg

c0161301_01445.jpg

お山の幸(柿・栗・ザクロ・アケビ・青みかん)とお団子をお供えし、工房に咲いているお花(ススキ・萩・ワレモコウ・秋明菊)を生けました。

お茶を飲みにいらした若い女性たちが、携帯でその写真を撮りながら、「全部、ここにあるものですか?」と驚かれていました。
帰りに、ススキやお花をプレゼントさせていただき、素敵な笑顔を返して下さいました。

茅の会の話もさせていただき、気軽にいらして下さいねとお伝えしました。
お昼に、茅の会のオブザーバーの一人・大阪の渡部さんより電話をいただき、秋いっぱいの工房の様子をお伝えしました。
先週お送りした湧き水便に添えた野菊に毎日語りかけておられるそうで、お山を想うだけで元気になりますと仰って下さいました。

秋の夕暮れの空に浮かぶお月さまに、思わず合唱。
by tanpopokobo | 2009-10-04 00:01

    

和歌山県紀美野町にある蒲公英工房のホームページです。ご質問等は直接工房宛(0734892436)に、TEL・FAXでお願い致します。
by tanpopokobo
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧