蒲公英工房


<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧



「キルトOSAKA 2009 」ご案内

c0161301_2027496.jpg

二年に一度、開催されている関西在住作家のキルト展をご案内致します。

・日時
前期 3月3日(火)~9日
後期 3月11日(水)~17日 Am10時~Pm7時30分

・場所
京阪百貨店守口店7階
「京阪ギャラリー」

・入場料 高校生以上300円 (招待チケットがありますのでご利用下さい)

関西在住のキルト作家の方たちが、一人3.8mのスペースを利用して、キルトを展示します。前期16人・後期17人ですが、わたしのキルトは後期の展示で、16日の午後に会場入りの予定です。
わたしのコ―ナ―は、「青碧賦」のキルトと、グループキルトを展示します。
グループキルトは、ヘクサゴンのアップリケキルトを7人で創ります。草花の図案が一枚づつ違った40センチのヘクサゴン形のキルトが繋がって130センチ強のキルトになります。
中心のキルトはわたしが担当し、既に完成しています。周りの6人の方たちは、現在完成に向けて頑張っております。オリジナルの繊細なアップリケと刺繍、1センチの格子のハンドキルトをじっくりご覧下さい。
by tanpopokobo | 2009-01-30 20:27


一月『茅ぶきの家の集い』

c0161301_1211274.jpg

c0161301_1211343.jpg

離れの前の臘梅も咲きはじめました。
茅ぶきの臘梅よりもやや小ぶり、色彩・香もややうすめです。

今日の会は、建築家の中西重裕さんに、「まちの魅力」と題するお話を伺いました。
まず、和歌山に残る(壊されたものも含め)素晴らしい旧邸宅・洋館等の数々の写真(プロジェクタ―使用)を見ました。
次に、中西さんも協力されている、湯浅町(醤油・味噌の発祥地)や橋本市の町並み保存に関してのお話を、写真や地図を見ながら説明していただきました。
建造物の真の美しさとは何かを問うお話で、実際に中西さんが設計された新築の建物に、それらがいかされた事例を見せていただきました。

お話の後のティータイムの時間に、参加者の一人江本さんから、全員にアンケート用紙が配られました。県の公館売却に関するアンケートでした。その事実を、江本さんに伺うまで誰も知りませんでした。
そのきっかけ(知事が思わずそれらしき発言をしてしまった)になる質問をしたのが毎日新聞社の最上記者だとの江本さんの説明に、ゲストとしてお呼びした折の、最上記者の頭脳明晰な様を思い出し、皆がうなづきました。
県最大の無駄極まりない建造物は、風力発電です。参加者のYさんから、現況報告もありましたが、“まだそんな事をやっているのか!"と、ただただ驚くばかりです。
先日、朝日新聞に風力問題が大きく取り上げられました。いつかは最上記者が、ペンの力を発揮して鋭く風力問題の核心をついた記事を書いて下さるものと期待しています。

今日の会には、嬉しい贈り物もありました。東京の中村ヤイさんより、故郷・郡山の柏屋さんのうす皮饅頭がたくさん届きました。
去年の作品展の折の茅の会で、お話下さったヤイさんが、「会でお使いいただけたら」と送って下さったものです。皆さんで頂戴し、ご家族にもお土産にお持ち帰りいただきました。
ヤイさん、ありがとうございました。

昔(ヤイさんにお出会いするよりずっと前に)、柏屋さんの会長・本名善兵衛さんに、二泊三日福島をご案内いただきました。それ以来ずっと柏屋さんが出されている『青い窓』誌を15年お送りいただいています。ご縁は真にありがたいものです。
by tanpopokobo | 2009-01-26 01:21


今月の茅の会ご案内

c0161301_17151324.jpg

すみれの小さき花が、そこここで顔を出しています。雪の中の可憐な花の色彩には、はっとさせられます。今月の“茅ぶきの家の集い"、ご案内致します。

・日時 1月25日(日)
P.M1時~3時
・テ―マ 「まちの魅力」
・講師 中西重裕さん
(株)一級建築士事務所K&Nア―キテクツ代表
・参加費 1000円
(飲み物・お茶菓子付き)
中西先生は、先月の茅の会忘年会にご参加下さり、湯浅町や橋本市の町並み保存についてお話下さいました。その折りに、参加された方から、是非詳しく伺いたいとの申し出があり、ご快諾下さいました。
他にも、先生が和歌山新報に連載されていらした記事を読まれていた方たちからも、講師としてのご要望がよせられており、楽しみですとのお声が届いています。
この機会に、和歌山の町並みについての魅力を伺い、一県民としての思いを新たにしたく思っています。ご参加をお待ちしています。
by tanpopokobo | 2009-01-14 17:15


初春のお慶び申し上げます

c0161301_12413046.jpg

c0161301_12413015.jpg

c0161301_12413034.jpg

c0161301_12413092.jpg

“凛"とした気の満ちあふるる里山より、皆々様のご多幸を、心より祈念致しております。

「写真」
・仏手柑
有田の奇才、小澤農場主の育てた逸品です。
初春のかほり。
・山葵(わさび)
水織音と絶妙なるコンビ。口に含むと、身体に清流の光筋が走ります。
・椎茸
今日も関東に。
皆さんが掌にのせて愛でて下さる事でしょう。
・干支(丑)
恒例の蒲公英オリジナルパッチワークの干支ミニタベストリーです。(ちりめん・和布他)

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
by tanpopokobo | 2009-01-03 12:41

    

和歌山県紀美野町にある蒲公英工房のホームページです。ご質問等は直接工房宛(0734892436)に、TEL・FAXでお願い致します。
by tanpopokobo
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧