蒲公英工房


<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧



茅ぶきの家の集い(8 月)

c0161301_19514078.jpg

c0161301_19514154.jpg

<はじめに>
・工房ブログの紹介
・番組の紹介
「TBSニュースバード」
ニュースの視点 月一回 昼夜二回放映 8月より一年間
東大緩和ケアチ-ムに所属している子息が関わっている番組です。
一回目は、氾濫している医学情報を、どのように“識る」かを、わかりやすく岩瀬医師が説明されています。“こんな番組を待っていました!"と、静かな感動がありました。
残念ながら、ケ-ブルテレビ・BSでしか見れません。
<本日の語り>
語られる方は、会の初めから参加されている小杉さん。
“私の65年"と題し、ご自分の歴史を、世の中の出来事と重ねてお話下さいました。
アルマイトの容器に入った給食が嬉しかったという話から、参加者の方々にとっての給食の思い出、現在の給食に関する話も出ました。
年代毎にまとめて下さったものに、戦争・公害・大事件が記載されていましたが、如何に一方的でなく情報を受けるかというお話、戦争反対のデモにも参加されたというお話に、小杉さんの真面目な生き方が現れていると感じました。
平成13年に、初めてこの地を訪ね(この家の持ち主が小杉さんの知人)、14年にオ-プンに向けボランティアの人たちと草刈り作業、15年に茅ぶき復元に向けて生石高原茅刈り作業。16年中西さんを手伝っての茅ぶきの家再生作業等。
茅ぶき復元は、中西さんが一番の立役者ですが、小杉さんのサポートがあればこそでしょう。
参加者の半分は、茅を刈る作業を経験しており、残雪の生石高原での作業は重労働だった事等、懐かしく語り合いました。

<〓ティ-タイム>
レモングラスティー いちじくのコンポ-ト 柚子のシャーベット

<風力発電について>
皆さんに「週刊金曜日」に掲載された鶴田さんの記事を渡し、一読後参加者の一人、実際に計画反対の立場で行動されている由美子さんのお話を伺いました。
自分たちの県で何が起きているかに関心を持ち、景観に関するパブリックコメントを県に出す事も大事であるとの意見も出ました。

一時雨足が強くなったりもしましたが、会が終わった後も母屋でコーヒータイム。散会は5時近くになりました。
by tanpopokobo | 2008-08-31 19:51


水源地

c0161301_2275336.jpg

c0161301_2275398.jpg

お山の集落は、20軒が湧き水で生活しています。

一年に一度、水源地と湧き水を貯めているタンクの水抜き清掃をします。
一年間、湧き水の管理・会計担当役で、今朝早くからの清掃に参加しました。

小雨の中、杉木立の細い林道を、カッパを着て7人で山道を歩いて登りました。残念ながら水源地までは、天候上危険が伴うので、慣れた方たちで行かれ、大型タンク二ケ所を清掃しました。
お花は、タンクの近くに咲いていたイワタバコと、かわいい蕾がのぞく山ホトトギスです。
役員の一人でもある84才のおばあちゃんは、遠くから息子さんが参加しているのに、ご自分も参加。いつもお会いすると、お話を伺うのが楽しみな方です。
皆さんの希いは、「いつまでもこの湧き水を生活用水に!」ですが、高齢化が進み、難しい問題点も出てきました。
その後の会に参加者された週末生活者の校長先生が、「わしらこんな良い水で育ててもろうて、これ以上に倖せな事はないなぁ。人間にとって水ほど大切なもんはないで!ありがたいなぁ。」と仰った言葉に、皆がうなづきました。

『来年も再来年も、水源地に行こう!出来るだけの協力をし、水源地に感謝を捧げよう!』清んだお水を口に含んで、深謝です。

以前、講師として水の研究者・平井孝志先生に滋賀県からおいでいただき、お話を伺いました。
何本か「美味しい水」をお持ちになられたのですが、ここの水を飲まれるなり、“素晴らしい水です。』と、お持ちになった水をしまわれました。

山葵が元気に育つ地より、こころいっぱいに、今日も笑顔の見えるシャーベット作り。シャーベットに湧き水のエッセンスは欠かせません。

紫式部の花も色づいてきました。
by tanpopokobo | 2008-08-30 22:07


秋明菊ものこんぎくも

c0161301_21352538.jpg

c0161301_21352585.jpg

c0161301_2135254.jpg

今月の『茅ぶきの家の集い』 ご案内

・<日時>8月31日(日) P.m1:00~3:00
・<参加費>1000円(季節のお茶、お菓子付き)
・<場所>蒲公英工房内
茅ぶきの家「楽柿舎」

今回は、最初から参加されている方の体験談・茅の会への想いについて語っていただきます。
ティータイムをはさんで、“週刊金曜日"掲載の風力発電に関する汐見先生と鶴田由紀さんの記事を読み、和歌山で進められている計画についての情報、わたしたちに出来る事は何かについて語り合いたいと思います。

初めての方も、輪になって共に楽しく語り合いましょう!
by tanpopokobo | 2008-08-23 21:35


風力発電問題

c0161301_1562876.jpg

昨年、和歌山県の各地に起こっている風力発電計画について、大きな疑問を持ち、勉強会を開きました。
blogでその経過を記録公開し、約二ケ月で5000人近い署名を集め、「情報公開・アセスメント・景観」について、県知事に回答を求めました。

そのblogを読まれた方から連絡を受ける事が何度かあり、記録をする事の意味を感じています。

「月刊 むすぶ」449号に、フリーライターの鶴田由紀さんのレポート“風力発電にまつわる大きな誤解・デンマークが上手くいっているというウソ"が、海外検証データを基に詳しく書かれています。

先日放映された「報道ステーション」の中で、ボルトガル人医師が、風力発電による健康被害について語っていた部分は、鶴田さんが調べた快挙でした。彼女は、慣れないスペイン語と格闘する日々で、訳が出来ると、「ここまで出来ました!」と、P.Cに送信して下さいました。
鶴田さんに東京でお会いした際、「お子さんがまだ小さいのに、どうしてそこまで?」と訊ねた答が、「小さい子供がいるから出来ます。」でした。
日本の若いお母さんは素晴らしい!

広川町を車で走ると、巨大風車群が目前に迫ります。和歌山にはまだまだ数多くの風力計画があり、意味のない自然破壊が続けられようとしています。

去年の夏休み、全国の小・中・高校約100校の理科担当教官に「風力発電は本当にクリーンエネルギーですか?」と問い、ただの一校からも返答はありませんでした。

今夏、計画に大きな疑問を持つ、地元の若いお母さんたちをサポートしています。
by tanpopokobo | 2008-08-20 01:56


キルト撮影

c0161301_17521823.jpg

c0161301_17521848.jpg

c0161301_17521820.jpg

展示会の案内状に載せるキルト『青碧賦(せいはくふ)』撮影。
名古屋でのキルト展後、さらに細やかなキルティングが入りました。

作品展の会期は
10月25日(土)~11月3日(月)Am.10:00~Pm.5:00

案内状は、来月半ばから蒲公英工房、近鉄カルチャーセンター(和歌山)等に置いてあります。
ご希望の方は、工房宛お申し込み下さい。
Tel/Fax 073 489 2436
by tanpopokobo | 2008-08-17 17:52


カナカナと

c0161301_165926100.jpg

c0161301_16592622.jpg

夕暮れの涼風の中に赤トンボ。
栗の実りを待っているのは、小さな動物さんたちも。
by tanpopokobo | 2008-08-15 16:59


茅ぶきの家の集い(未来に語りかけよう) ご案内

工房では、月一回の最終日P.M1時~3時に、茅の家で“未来に語りかけよう”をテーマとした集まりを開いています。

奇数月は、メイン講師を迎えての会で、偶数月はテーマを決めて集った人たちで語り合う会です。(時には鍋を囲んで)
今年、お話いただいた講師は、県立博物館学芸課長・竹中康彦氏、和歌山大学教育学部・米田教授、地方史研究者の江本英雄さん(常連メンバーの一人)です。

発起人の一人、常連メンバーでもある大阪在住・渡辺恵美子さんの、会へのお誘いです。

  青春真只中のあなた・子育て最中のママさんへ
是非一度、お山のきれいな空気・新鮮な野菜や果物をいただきながら、おしゃべりしませんか?
   動いてみないと わからない
   やってみないと わからない
   食べてみないと わからない
   きいてみないと わからない
   わからないことが いつのまにか
   たのしいなぁ!
   うれしいなぁ!
   おいしいなぁ!
   おもしろいなぁ!
   に、きっと変化してきます。

「茅ぶきの家の集い」は、今年で5年目を迎えます。
お山でのおしゃべり会、是非参加してみて下さい。
あなたのお越しをお待ちしています。
きっとたのしい時が生まれます。
一度きりの人生、楽しくくらしましょう!!
待っています。あなたを!!
            渡辺恵美子拝       
by tanpopokobo | 2008-08-06 07:39


茅ぶきの家

c0161301_040291.jpg

茅ぶきの家が、鹿の子百合の向こうに見えています。
by tanpopokobo | 2008-08-06 00:40

    

和歌山県紀美野町にある蒲公英工房のホームページです。ご質問等は直接工房宛(0734892436)に、TEL・FAXでお願い致します。
by tanpopokobo
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧