蒲公英工房


今月の「茅葺きの家の集い」ご案内

c0161301_22312445.jpg

来客の茶人に、庭に咲いているホトトギスを頂き、花瓶に生けていただいた。

今月の茅の会のゲストは、去年古本屋「紀国堂」を開いた溝端佳則さん。
溝端さんは古葉書・写真の収集家としてもよく知られている。
今月の会では変わり古絵葉書を見せて下さる。

・日時 10月29日(日)PM1時~3時
・場所 蒲公英工房『楽柿舎』
・参加費 1000円(飲み物、お茶菓子付)

溝端さんは趣味でキイジョウロウホトトギスを育てておられる。
一度工房にも一鉢頂いたが、3年位で消えてしまった。「何度でもお持ちしますよ。」と仰って下さるが、丹精込めて育てられたお花を枯らしてはと、返事が出来ないでいる。
定番のホトトギスは、マンションのベランダでもたくさんの花を咲かせている。

溝端さんの趣味の分野のお話もお楽しみに。

# by tanpopokobo | 2017-10-20 22:31


ダラスアルバム

c0161301_23141834.jpg

c0161301_23141850.jpg

ダラスアルバムの図案(30種類)を研究科資料にすべく編集を溯芳さんが担当。
ボルチモアアルバムに似て非なるアップリケ図案は、とても興味深い。

次の作品展が決まった。
2019年3月初めに、倉敷アイビースクエアで。
今回より有料の教室展を開催する。日本(世界でも)では珍しい企画となるだろう。
『志高く』作品に向かう事が、どれほど楽しいか。そしてどれほど難しいか。
『よく生きる』ことを生徒たちと一緒に。

次回作にはボルチモアアルバムに挑戦をと言う生徒たちがいて、図案を考えていた矢先に、1990年のダラスアルバム図案が出て来た。
(こういう事はよく起きる)

アップリケを得意とする我が教室で、素晴らしいボルチモアアルバムを創った人たちがいる。そして彼女たちが、もう一度ボルチモアアルバムを創りたいとの言葉を発したのには驚いたと同時に嬉しかった。
驕りがあれば再挑戦は出来ないからである。

友人がお土産にと、作家もののソーサー付きのカップを届けてくれ、溯芳さんにもお猪口をと。
焼き物にも知識のある溯芳さんが、乞われて彼女の蔵にある御茶碗の目利きを画像でした。それは後日高島屋の美術担当者が直接見てつけたランクと全く同じだった。
お猪口はそのお礼に。
友人のセンスもさすが。
早速、まつのはこんぶで冷酒を頂く。
# by tanpopokobo | 2017-10-16 23:14


絵本「ひかりの海」の読者さまへ

c0161301_121441.jpg

c0161301_121419.jpg

秋の花の色に見とれる季節に、工房に留守電を拝した。
固定電話にはナンバーディスプレイなるものを設置しない事にしているので、留守電の言葉に返礼の手段がなく、ブログを読まれたとの問い合わせただったので、こちらで返事させて頂きます。
・・・・・・・・・・・・
小笠原様
「ひかりの海」を手にして下さり、丁寧に読んで頂き、ありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、絵本の主人公ゆきこさんは、絵本の完成した2ヶ月後に94歳で亡くなられました。
安らかな旅立ちだったことでしょう。

・・・・・・・・・・・・
私の本の編集者の古野さんに乞われて絵本をお送りし、「とても良い本ですね。編集者の一人としてこの時期(8月)になると、“生きておられる戦争体験者のお話を本にしたい”との思いが強くなります。佐藤さんはゆきこさんが生きていらっしゃるうちにと思われたのですね。」との感想が届いた。
# by tanpopokobo | 2017-10-16 12:01


新米の美味しさ!

c0161301_23361172.jpg

c0161301_2336116.jpg

待ちに待った有機新米が届いた。早速、毎年送るメンバーに宅配便。美味しいものは皆で分け合って。

お山の柿・栗・キーウイ・アケビを漬け込んだ酵素に、新米も入れる。

お弁当は有機野菜を届けてくれた方への新米おむすび弁。
あり合わせのおかずは常備菜のポテトサラダと、耳いかの煮付け。初めて耳いかを魚屋さんで見つけ、煮付けにとの話で調理したら、卵がびっしり詰まっていて絶品だった。

新米の美味しさ!
真にありがたき。
# by tanpopokobo | 2017-10-12 23:36


クレージーのアンティークキルト

c0161301_243365.jpg

c0161301_243394.jpg

ヤイさんの書類の中から、一枚のカードが出て来た。
キルト作家・田尻砂津子さんよりのもの。

このクレージーキルトは田尻さんがアメリカのメトロポリタン美術館の保管倉庫で見られたとの話。
日本からのキルターたちの為に、美術館のキュレーターが一週間前から準備して下さったという。
このクレージーキルトのポストカードが、田尻さんのご自宅の壁にあったそうで、ボーダーが気になっておられ、実際に見て「シルクの広幅リボン」だった事に驚かれ、あやふやだった疑問を払拭された。

キルターたちの特別に企画した旅だった様で、その前にはスミソニアン博物館で素晴らしいボルチモアキルトを観て、「言葉で言い表せない最高のものでした」と書かれている。

たくさんのキルト作家たちがヤイさんに旅の報告をし、ヤイさんは欠かさずに返信されただろう。

私も久々に、スミソニアン博物館のクレージーキルトの事を思い出した。私がクレージーキルトを創る日も遠くないかなとの思いでいる。

今日届いた大島紬も素晴らしい。
# by tanpopokobo | 2017-10-10 02:04

    

和歌山県紀美野町にある蒲公英工房のホームページです。ご質問等は直接工房宛(0734892436)に、TEL・FAXでお願い致します。
by tanpopokobo
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧